■二重生活 (2015/日本/126分)

監督・脚本/岸善幸
出演/門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー

直木賞作家・小池真理子の長編小説「二重生活」を大胆な脚色で映画化した心理サスペンス。大学院に通う珠(門脇麦)は、担当の篠原教授(リリー・フランキー)から、ひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけられる。最初、尾行に対して迷いを感じる珠だったが、ふとしたきっかけで近所に住む石坂(長谷川博己)の尾行をはじめる。彼の秘密が明らかになっていくにつれ、珠は異常な程の胸の高鳴りを感じていく…。

6/25(土)⇒8/4(木)
前売1500[6/24(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★シアターキノ24周年記念スタンプラリー【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 

<6/25(土)スタート⇒8/31(水)締切/9/3(土)当選発表>
7月4日シアターキノは24周年を迎えます。
今年の夏は、注目の日本映画が目白押し。役者さんたちも光っています。
6/25(土)『二重生活』からスタートです!

<スタンプラリー対象作品>
★二重生活 (6/25~公開)
★ふきげんな過去 (7/2~公開)
■歩いても歩いても (7/16~公開)
■いしぶみ (8/6~公開)
■葛城事件 (8/6~公開)
■太陽の蓋 (8/13~公開)
■大地を受け継ぐ (8/13~公開)

*『二重生活』『ふきげんな過去』+対象の日本映画1作品の 合計3作品でゴール!
*完走した方には、抽選でフリーパス券などプレゼント!
>>詳細

http://nijuuseikatsu.jp/

■ブルックリン (2015/アイルランド=イギリス=カナダ合作/英語/112分)

本年度アカデミー賞 作品賞/脚色賞/主演女優賞 ノミネート!

監督/ジョン・クローリー
出演/シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン ほか

1950年代。大人しく目立たない性格の少女エイリシュは、姉のすすめで、アイルランドの家族と離れ、ニューヨークにやってきた。ブルックリンの高級デパートで働く日々の中で、新生活にとまどいながら激しいホームシックに陥るエイリシュだったが、イタリア系移民のトニーとの初恋が彼女を変え、驚くほど洗練された女性に変わっていく。そして、故郷からある知らせが届き…。迷いながらも心を決め、自立した一人の女性へと成長していくヒロインの姿を、シアーシャ・ローナンが等身大で好演。

7/1(金)より ロードショー
前売1500円[6/30(木)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★『ブルックリン』公開記念 キノカフェメニュー登場!            

公開を記念して、キノカフェでは、映画『ブルックリン』をイメージしたオリジナルメニューが登場です。
映画とあわせてお楽しみください。(映画をご覧の方は50円引き)

*『ブルックリン』キノカフェオリジナルメニュー*
 バターミルクビスケットとレモンシュガービスケット、お飲み物(コーヒー or 紅茶)のセットです。
 ¥850
>>詳細

http://www.foxmovies-jp.com/brooklyn-movie/

■ふきげんな過去 (2016/日本/120分)

監督・脚本/前田司郎
出演/小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路 ほか

毎日が死ぬほど退屈でつまらない、女子高生の果子(二階堂ふみ)。ある日、果子たち家族の前に、18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が、突然戻ってきた!
「あたし生きてたの」。戸籍も消滅している前科持ちの未来子。そして果子に、「自分が本当の母親」だと言うが…。エキセントリックな未来子の出現が、果子の夏を特別な時間へと変える。可笑しくも切ない、愛と孤独と成長のひと夏の物語。劇団「五反田団」主宰、異才の劇作家・前田司郎監督作品。

7/2(土)⇒7/29(金)
前売1400円[7/1(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルマグネット”プレゼント!(先着限定)

★シアターキノ24周年記念スタンプラリー【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 

<6/25(土)スタート⇒8/31(水)締切/9/3(土)当選発表>
7月4日シアターキノは24周年を迎えます。
今年の夏は、注目の日本映画が目白押し。役者さんたちも光っています。
6/25(土)『二重生活』からスタートです!

<スタンプラリー対象作品>
★二重生活 (6/25~公開)
★ふきげんな過去 (7/2~公開)
■歩いても歩いても (7/16~公開)
■いしぶみ (8/6~公開)
■葛城事件 (8/6~公開)
■太陽の蓋 (8/13~公開)
■大地を受け継ぐ (8/13~公開)

*『二重生活』『ふきげんな過去』+対象の日本映画1作品の 合計3作品でゴール!
*完走した方には、抽選でフリーパス券などプレゼント!
>>詳細

http://fukigen.jp/

■シチズンフォー スノーデンの暴露
 (2014/アメリカ・ドイツ/英語・ポルトガル語・ドイツ語/114分)

第87回 アカデミー賞 長編ドキュメンタリー映画賞受賞

監督・撮影・プロデューサー/ローラ・ポイトラス
製作総指揮/スティーヴン・ソダーバーグ
出演/エドワード・スノーデン、ローラ・ポイトラス、グレン・グリーンウォルド

国家が国民を監視している—。元CIA職員がその衝撃的なスクープを内部告発し、世界中を震撼させた「スノーデン事件」。その一部始終を記録した歴史的ドキュメント。ローラ・ポイトラス監督は2013年初め、“シチズンフォー”と名乗る人物から暗号化されたメールを受け取るようになる。それは、NSA(国家安全保障局)が、米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している、という衝撃的事実を暴露するものだった…。第87回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞。

7/9(土)⇒8/5(金)
前売1500円[7/8(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://gaga.ne.jp/citizenfour/

■オマールの壁 (2013/パレスチナ/アラビア語・ヘブライ語/97分)

第86回 アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート<パレスチナ代表>
第66回 カンヌ国際映画祭「ある視点」部門 審査員賞受賞


監督・脚本・製作/ハニ・アブ・アサド(『パラダイス・ナウ』)
出演/アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニ ほか

長く占領状態が続く、パレスチナの“今”を生きる若者たちの青春を鮮烈に描き、世界の映画祭で絶賛された衝撃作。真面目なパン職人の青年オマールは、監視塔からのs銃弾を避けながら分離壁をよじのぼっては、壁の向こう側に住む恋人ナディアのもとに通っていた。パレスチナでの人権も自由もない毎日を変えようと仲間と共に立ち上がるが、イスラエルの秘密警察に捕えられてしまう。拷問を受け、一生囚われの身になるか仲間を裏切ってスパイになるかの選択を迫られるが…。

7/16(土)⇒7/22(金) 15:45 (※予告2分)
7/23(土)⇒7/29(金) 17:10
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.uplink.co.jp/omar/

■海よりもまだ深く (2016/日本/117分)

第69回 カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品作品

原案・監督・脚本・編集/是枝裕和(『そして父になる』『海街diary』)
出演/阿部寛、真木よう子、樹木希林、小林聡美、リリー・フランキー ほか

是枝裕和監督の最新作は、夢見た未来と少し違う今を生きる大人たちへ贈る感動作。笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めている。元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も満足に払えない。そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。ある日、たまたま淑子の家に集まった3人は、台風のため翌朝まで帰れなくなり、一夜かぎりの“元家族”の時間が始まるが…。

7/16(土)⇒8/5(金)
当日料金1800円、学生1200円、シニア・高校生以下1000円
★7/16(土)『海よりもまだ深く』11:50の回上映前、是枝裕和監督トークあり!
●受付は、7/16(土)当日、AM9:15~より行います。
>>詳細

★シアターキノ24周年記念スタンプラリー
【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 対象作品

>>詳細
http://gaga.ne.jp/umiyorimo/

■フラワーショウ! (2014/アイルランド/英語/100分)

2015年 ダブリン国際映画祭 観客賞選出

監督・脚本/ヴィヴィアン・デ・コルシィ
出演/エマ・グリーンウェル、トム・ヒューズ、クリスティン・マルツァーノ

エリザベス女王も感動した、「本当に美しい庭」とは?実話を基に、ガーデニング世界大会《チェルシー・フラワーショー》に全てをかけるヒロインの姿を描く、爽快サクセス・エンターテインメント!アイルランドの田舎で育ったメアリーは、「自分のデザインした庭で世界を変えたい!」という夢を叶えるため、有名なガーデニングデザイナーのアシスタントになるも、デザインノートを盗まれたうえにクビに。どん底のメアリーは大逆転をかけて、ダメもとで《チェルシー・フラワーショー》の出展者枠に応募する—。

7/23(土)より ロードショー!
前売1500円[7/22(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.flowershow.jp/

■裸足の季節 (2015/フランス=トルコ=ドイツ/トルコ語/94分)

第88回 アカデミー賞 外国語映画賞ノミネート(フランス代表作品) 
第73回 ゴールデングローブ賞 外国語映画賞ノミネート
2015年 カンヌ国際映画祭監督週間出品


デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン初監督作品
出演/ ギュネシ・シェンソイ、ドア・ドゥウシル、トゥーパ・スングルオウル ほか

5人姉妹の末っ子ラーレは13歳。10年前に両親を亡くし、いまは祖母の家で暮らしている。毎日を謳歌していた美しい姉妹たちは、ある日、古い慣習と封建的な思想のもと一切の外出を禁じられ、一人また一人と見知らぬ相手と結婚させられていく。そんななか、自由を取り戻すためラーレは秘かにある計画をたてる…。色鮮やかなビジュアルと光あふれる映像で、丁寧に繊細に描かれる少女たちの甘くほろ苦い反逆の物語。世界が祝福した新しい才能、デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督デビュー作!

7/23(土)より ロードショー
前売1500円[7/22(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“アロマブーケ フラワーコンフェッティ”プレゼント!(先着限定)
http://www.bitters.co.jp/hadashi/

■バンクシー・ダズ・ニューヨーク (2014/アメリカ/英語/81分)

監督/クリス・モーカーベル

2013年10月1日、告知もなく突然始まったその展示は、バンクシーが毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。作品の中で常に社会とアートの在り方を問い、「都市や屋外や公共の場所こそ、アートが存在するべき場所なんだ。アートは市民とともにあるべきだ」と語る彼が、ニューヨークをハックした1か月を追ったドキュメンタリー!

7/23(土)⇒7/29(金) 19:30
7/30(土)⇒8/5(金) 21:15(この回 当日料金1400円、学生1200円、シニア・高校生以下1000円)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.uplink.co.jp/banksydoesny/

■ファブリックの女王 (2015/フィンランド/フィンランド語/85分)

監督/ヨールン・ドンネル
出演/ミンナ・ハーブキュラ ほか

北欧を代表するファッション・ブランド<マリメッコ>創業者アルミ・ラティアの波瀾万丈な人生模様を描いた伝記ドラマ。1951年に<マリメッコ>を創業、破天荒なキャラクターと天才的プロデュース・PR力で、当時は稀な女性起業家として男性偏重のビジネス社会に乗り込み、1960年代には世界的なブランドへと急成長していく。劇中には、当時の再現ではなく、新旧のデザイナーによるファブリックが融合した<マリメッコ>デザインが登場。監督は、初期<マリメッコ>役員を務めたヨールン・ドンネル。

7/30(土)⇒8/5(金) 17:20
8/6(土)⇒8/12(金) 上映時間未定(1日1回上映)
前売1500円[7/29(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)

★初日7/30(土)に映画をご覧の方に、“オリジナルポストカード第2弾”プレゼント!(先着限定/有料でご覧の方のみ)

http://q-fabric.com/

■すれ違いのダイアリーズ (2014/タイ/タイ語/110分)

米・アカデミー賞 外国語映画賞<タイ代表>作品                
タイ・アカデミー賞 最多13部門ノミネート6部門受賞(脚本賞・編集賞・撮影賞・美術賞など)

監督・共同脚本/ニティワット・タラトーン
出演/スクリット・ウィセートケーオ、チャーマーン・ブンヤサック、スコラワット・カナロット

美しい自然に囲まれたタイの水上小学校。スポーツしか取り柄のない新任先生のソーンは、毎日失敗ばかり。子供たちとも打ち解けられず、孤独なソーンは、ある日、誰かの日記を見つける。それは前任の女性教師エーンの日記だった。ソーンは日記を読み、そこに書かれた悩みに共感したり、教え方を学んだりするうち、会ったことのない彼女に恋をし、彼女を探し始めるが…。日記に支えられ、子供たちに教えられ、ダメ先生が成長していく。2つの実話から生まれた、タイNo.1ヒットの感動作!

7/30(土)⇒8/5(金) 15:20
8/6(土)⇒8/12(金) 上映時間未定(1日1回上映)

前売1500円[7/29(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.moviola.jp/diaries2016/

■ホウ・シャオシェンの夏休み―
『冬冬の夏休み』『恋恋風塵』デジタル・リマスター版 

巨匠・侯孝賢(ホウ・シャオシェン)の中期を代表する2大傑作がデジタル・リマスター版でスクリーンに蘇る!瑞々しく鮮やかな自然と人の心に触れ、映画に抱かれる至高の体験を―。母親の入院に伴って、夏休み期間中、妹と一緒に祖父母の家に預けられることになった冬冬(トントン)の、田舎で過ごしたひと夏を描く珠玉のドラマ『冬冬の夏休み』。1960年代末、幼馴染ふたりの恋とも言えないような淡い想いの重なりとその終わりを描く青春映画の傑作『恋恋風塵(れんれんふうじん)』。

8/5(金) 『冬冬の夏休み』18:55 / 『恋恋風塵』 20:45
8/6(土)⇒8/9(火) 『冬冬の夏休み』上映時間未定
8/10(水)⇒8/12(金) 『恋恋風塵』上映時間未定
●当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
●当日2回券2400円

■冬冬の夏休み[デジタル・リマスター版] (1984/台湾/台湾語/98分)

■恋恋風塵[デジタル・リマスター版] (1987/台湾/台湾語/110分)

http://tontonrenren.jp/

■葛城事件 (2016/日本/120分)

監督・脚本/赤堀雅秋(『その夜の侍』)
出演/三浦友和、南果歩、新井浩文、若葉竜也、田中麗奈

親から金物屋を引き継いだ葛城清は、妻との間に2人の息子も生まれ、念願のマイホームを建てた。思い描いた理想の家庭を作れたはずだった。しかし21歳になった次男が無差別殺傷事件を起こし、葛城家は一気に崩壊へと向かっていく…。『その夜の侍』の赤堀雅秋監督待望の二作目は、人間の心の暗部を徹底したリアリティをもって描き出し、観る者の心を鋭く抉る濃密な人間ドラマ。理想の家族を求めながらも、崩壊へと向かわせてしまった父親を、三浦友和が鬼気迫る迫力で演じている。

8/6(土)より ロードショー
前売1400円[8/5(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
★シアターキノ24周年記念スタンプラリー
【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 対象作品

>>詳細 
http://katsuragi-jiken.com/

■緑はよみがえる (2014/イタリア/イタリア語/76分)

第65回 ベルリン国際映画祭 特別招待作品 

監督・脚本/エルマンノ・オルミ(『木靴の樹』『ポー川のひかり』)
出演/クラウディオ・サンタマリア、アレッサンドロ・スペルドゥーティ、フランチェスコ・フォルミケッティ

1971年冬、イタリア・アルプスのアジアーゴ高原。第一次大戦のさなか、イタリア軍兵士たちは雪山の塹壕に身をひそめていた。迫り来る敵軍の脅威のなか、兵士たちの心の支えは、故郷の思い出だけだった。そんな時、まだ少年の面影を残す若い中尉がやってくる…。『木靴の樹』『聖なる酔っぱらいの伝説』のイタリアの巨匠エルマンノ・オルミ監督が、亡き父から託された戦争の記憶を、平和への願いを込めて映し出す。春がかならずめぐりくるように、人の世界もいつか美しくよみがえるのだろうか。

8/6(土)⇒8/19(金)ロードショー (1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.moviola.jp/midori/

■いしぶみ (2016/日本/85分)

監督/是枝裕和
出演/綾瀬はるか、池上彰

昭和 44 年、広島テレビで放送された「碑」(いしぶみ)。昭和20年8月6日の朝、原爆で一人残らず若き命を落とした、広島二中の一年生321人の克明な記録。名女優・杉村春子を語り部として制作されたこの作品は、多くの人々の心を震わせ、ギャラクシー賞などを受賞。そして今回、戦後70周年を機に、映画監督・是枝裕和と女優・綾瀬はるかによる新しい朗読劇として、現代によみがえります。さらに、ジャーナリストの池上彰が遺族やその関係者へのインタビューを通して、時を経てなお残る「物語」の続きを伝える。

8/6(土)⇒8/19(金)ロードショー(1日1回上映)

★『いしぶみ』<高校生以下特別料金のご案内> 

映画の元となった広島2中の子どもたちと同世代の学生のみなさんにも観てもらいた
い、という是枝監督たちの強い気持ちから、特別価格【高校生以下500円】でご鑑賞
いただけることが決定いたしました。夏休み、ご家族や学校のお友達同士で、一緒に
観て語り合ってみませんか?  >>詳細



★7/15(金) 先行上映&是枝裕和監督トーク 【売り切れ】

日 時:7/15(金) 19:20~(終了予定21:15/上映後にトーク)
ゲスト:是枝裕和監督
料 金:【売り切れ】チケット完売のため、当日券の発売はございません。

★シアターキノ24周年記念スタンプラリー
【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 対象作品

>>詳細 

当日一般1800円、学生1400円、シニア1000円、高校生以下500円
http://ishibumi.jp/

■シリア・モナムール (2014/シリア・フランス/アラビア語/96分)

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015 優秀賞
カンヌ国際映画祭2014 特別招待作品

監督・脚本/オサーマ・モハンメド、ウィアーム・シマヴ・ベデルカーン

カンヌで賞賛を浴び、山形国際ドキュメンタリー映画祭でも観客に深い衝撃を与え、<優秀賞>を受賞した異色ドキュメンタリー。内戦下、パリへの亡命を余儀なくされ、故郷シリアの置かれた凄惨な実情に苦悩し続ける映画作家に、SNSを通じてシリアに住むクルド人女性から届いた「もし、あなたのカメラがシリアにあったら、何を撮る?」というメッセージ。シリアの人々が自国で起きている惨状を携帯などで撮影した映像を繋ぎあわせ、詩的情緒に彩られた男女の会話と共に、映画を見る者にシリアの現実を突きつける。

8/6(土)⇒8/12(金) ロードショー(1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.syria-movie.com/

■ラスト・タンゴ (2015/ドイツ・アルゼンチン/スペイン語/85分)

トロント国際映画祭 正式出品作品
ベルリン国際映画祭 正式出品作品
山形国際ドキュメンタリー映画祭 正式出品作品


製作総指揮/ヴィム・ヴェンダース
監督/ヘルマン・クラル
出演/マリア・ニエベス、フアン・カルロス・コペス、パブロ・ベロン ほか

「タンゴ・アルヘンティーノ」で世界に大旋風を巻き起こした伝説のダンスペア、マリア・ニエベスとフアン・カルロス・コペス。時には愛に満ち、時には憎しみを抱え、踊り続けた50年間。人生の終わりを見据えた今、ままならない愛とタンゴへの情熱を綴る、ドラマティック・ドキュメンタリー!一流ダンサーと名門楽団による名曲の数々が彩る、官能的なタンゴの魅力。彼らにとってタンゴは人生そのものなのだ。

8/13(土)より ロードショー

★8/13(土)初日、先着20名様に“マテ茶”ティーバックプレゼント!(映画を有料でご覧の方のみ/提供:日本緑茶センター(株))

前売1500円[8/12(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://last-tango-movie.com/

■太陽の蓋 (2016/日本/130分)

監督/佐藤太
出演/北村有起哉、三田村邦彦、中村ゆり、大西信満 ほか

3・11福島原発事故後の緊迫の5日間、官邸内で何が起きていたのか。当時の菅内閣政治家たちが実名で登場、真実に肉薄するポリティカルドラマ。事故から5年、関係者による著書などから、当時の状況が解明されたかのように見えつつあるが、人々の記憶は風化し、真相は明かされることなく幕が引かれようとしている。本作では数多くの報告書や資料の分析をすると共に、事故対応当事者であった政治家や現役新聞記者、被災地である福島での直接取材を敢行。今だからこそ伝えられる、「あの日」をセンセーショナルにあぶり出す。

8/13(土)より ロードショー(1日1回上映)
前売1400円[8/12(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★シアターキノ24周年記念スタンプラリー
【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 対象作品

>>詳細 
http://taiyounofuta.com/

■好きにならずにいられない (2014/アイスランド・デンマーク/アイスランド語/94分)

第12回 ノルディック映画賞受賞2015年度 北欧映画No.1

監督・脚本/ダーグル・カウリ
出演/グンナル・ヨンソン、リムル・クリスチャンスドッティル、シガージョン・キャルタンソン

巨匠コッポラも絶賛!氷の国・アイスランドからやってきた、心も体も大きく温かな男の小さな恋を描く、心にしみいる感動作。43歳独身、大男のフーシは、空港に勤めているのに飛行機に乗ったことがなく、趣味はジオラマ作り。見かねた母は、出会いのチャンスを作ろうとダンス教室を申し込む。しぶしぶ出かけたフーシだったが、そこで金髪の小柄な女性・シェヴンと出会い…。誰かを好きになることは、新しい世界の扉をひらくこと。シャイで不器用な男が全力でぶつかった、一世一代の恋の行方は…!?<R15+>

8/13(土)⇒8/26(金) ロードショー(1日1回上映/※8/21(日)休映)
前売1400円[8/12(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルチケットケース”プレゼント!(先着限定)
http://www.magichour.co.jp/fusi/

■父を探して (2013/ブラジル/80分)

第88回 アカデミー賞 長編アニメーション部門ノミネート! 
2014年 アヌシー国際アニメーション映画祭 長編アニメーション部門クリスタル賞(最高賞)&観客賞 W受賞


監督/アレ・アヴレウ

南米初の偉業!インディペンデント作品ながらアカデミー賞長編アニメ部門にノミネートを果たした、ブラジルの新鋭アレ・アブレウ監督の長編アニメーション。出稼ぎに出た父親を探しに少年が広大な世界を旅するこの作品は、丸3年を費やし、全編手書きで作られた。クレヨン・色鉛筆・切り絵・油絵具などを自在に使い分けた筆づかいは、まるで絵本に魔法がかけられたかのよう。父を探す旅は、やがて祖国ブラジルと、生きることの意味を問う旅へ—。見てびっくり、驚きの80分!

8/13(土)⇒8/19(金) ロードショー
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://newdeer.net/sagashite/

■大地を受け継ぐ (2015/日本/86分)

監督/井上淳一
出演/樽川和也、樽川美津代 ほか

2015年5月、東京から11人の学生たちが福島県須賀川市へ向かった。そこは福島第一原発から約65キロメートル離れた一軒の農家だった。笑顔で出迎える、息子と母親。そして語り始められた彼らの孤独な“声”に耳を傾ける…。「お前に農業を勧めたのは間違っていたかもしれない。」そう言い残して自ら命を絶った父。父を奪われ、土を汚され、それでもこの地で生きていく。先祖代々、耕された土地を受け継ぐ農家の、四年間の決意と軌跡。果たして、学生たちは何を想い、何を受け継ぐのか—。

【太秦セレクション】8/13(土)⇒8/17(木) 1日1回上映(夕方or夜の時間帯で調整中)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★『大地を受け継ぐ』8/10(水)先行上映&井上淳一監督トーク!

日 時:8/10(水) 18時台予定(正式な時間は8/2(火)決まります)
ゲスト:井上淳一監督
料 金:入場整理番号付限定前売1500円[当日1800円]
KINO会員・市民株主証ご提示で前売1000円[当日1200円]

チケットは7/23(土)よりシアターキノにて発売!
>>詳細



★シアターキノ24周年記念スタンプラリー
【2016夏、日本映画がクールに熱い!】 対象作品

>>詳細 
https://daichiwo.wordpress.com/

■断食芸人 (2015/日本/104分)

監督・編集/足立正生
出演/山本浩司、桜井大造、流山児祥、本田章一、田口トモロヲ(ナレーション) ほか

混ぜるな危険!足立正生×カフカの、最強にとんちきで最高な奇天烈なムービーがここに誕生!さまざまな解釈を可能とするカフカの著作「断食芸人」を1960年代に“アングラの旗手”として知られ、後にパレスチナ革命に身を投じた伝説的映画監督・足立正生が原作から1世紀の時を経て映像化。ある日、ある街の片隅にフラフラと現れ座り込んだ一人の男。何の反応もせず、じっと虚空を見つめている。やがてその男は見世物にされ、人々によって勝手に「断食芸人」に仕立てあげられていく…。

【太秦セレクション】8/19(金) 1回上映(夜の時間帯で調整中) 
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
https://danjikigeinin.wordpress.com/

■牡蠣工場 (2015/日本・米国/145分)

監督・製作・撮影・編集/想田和弘

『選挙』『精神』『Peace ピース』の想田和弘監督による“観察映画”第6弾の舞台は、瀬戸内海にのぞむ岡山県・牛窓(うしまど)の牡蠣工場。かつて20軒近くあった工場は6軒に減り、過疎化による労働力不足で中国人労働者を迎え始めた工場もある。牡蠣工場という小宇宙に、グローバル化、少子高齢化、第一次・第二次産業の苦境、労働問題、移民問題、そして震災の影響など、大きな問題が浮かび上がってくる。想田和弘が見た世界の「現在」と日本の「未来」とは?

【東風セレクション】8/13(土)⇒8/15(月) 1日1回上映
●当日1作品 1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
●【東風セレクション 当日3回券】3600円
http://www.kaki-kouba.com/

■風の波紋 (2015/日本/99分)

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015 正式招待
日本映画撮影監督協会 第24回JSC賞


監督/小林茂(『阿賀に生きる』(撮影)/『チョコラ!』)

いのちと暮らす、いのちを食べる。『阿賀に生きる』のスタッフたちが5年の歳月をかけ、越後妻有(えちごつまり)の里山で暮らす人々の姿を追ったドキュメンタリー。都会から移り住み、茅葺き屋根の古民家を修復して暮らす夫婦や、山桜で染めた糸を手織りする草木染職人。悠々自適、気ままな田舎暮らしに見えるけれど、ときに自然はきびしく、ひとりでは生きられない。ここでは新しいかたちの「結(ゆい)」がゆるやかに息づく。

【東風セレクション】8/16(火)⇒8/18(木) 1日1回上映
●当日1作品 1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
●【東風セレクション 当日3回券】3600円
http://kazenohamon.com/

■バット・オンリー・ラヴ (2015/日本/89分)

監督・脚本・主演/佐野和宏
出演/円城ひとみ、蜷川みほ、芹澤りな、柄本佑、緒方明 ほか

癌で失くした声とひきかえに、人生を見つめ直した男。ある日、娘が実の子ではないと知る。妻への疑念は嫉妬と憎悪に、やがて妄執となり…。叫びたくても声が出ない。届かない。愛を求め、確かめようともがく男の淫靡で孤独な旅がはじまる…。人生を映画にする。映画が人生を変える。ガンで「声」を失くした佐野和宏、18年ぶりの復活作。

【東風セレクション】8/19(金) 1回上映
●当日1作品 1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
●【東風セレクション 当日3回券】3600円
http://www.but-only-love.com/

■パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト (2014/スペイン/スペイン語/90分)

2015年 ゴヤ賞 ベスト・ドキュメンタリー賞受賞

監督・製作・脚本・編集/クーロ・サンチェス
出演/パコ・デ・ルシア、カルロス・サンタナ、ジョン・マクラフリン、チック・コリア、サビーカス

超絶的な速弾きと類いまれなるテクニックでフラメンコに革命を起こした偉大なるギタリスト、パコ・デ・ルシア。本作では、7歳でギターを手にしてから最後のアルバムとなった“Cancion Andaluza”まで、60年間の軌跡を辿る。頑ななまでの完璧主義と狂気に近い音楽探求への執念、そして人生、政治、芸術、孤独に対する深遠な哲学。心躍る名演奏シーンや、カルロス・サンタナ、チック・コリアをはじめとするレジェンドたちのインタビューで綴る、天才の知られざる素顔とは。監督はパコの実の息子であるクーロ・サンチェス。

8/20(土)より ロードショー
前売1500円[8/19(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://respect-film.co.jp/pacodelucia/

■めぐりあう日 (2015/フランス/フランス語/104分)

監督/ウニー・ルコント(『冬の小鳥』)
出演/セリーヌ・サレット、アンヌ・ブノワ、ルイ=ド・ドゥ・ランクザン ほか

少女はあれからどうしただろう、そんな思いに駆られる『冬の小鳥』、これがデビュー作だったウニー・ルコントが自身の人生を重ねながら次に描いたのは母と娘の運命的な再会を描いた珠玉の物語。産みの親を知らずに育った理学療法士のエリザは、自らの出生を知るために、息子ノエを連れてパリから北フランスの港町へ引っ越してくる。なかなか手がかりがつかめないでいたある日、ノエが通う学校で働く中年女性が患者として療法室にやってくる。治療を繰り返すうち、エリザは次第に不思議な親密感を覚えるようになるが…。

8/20(土)より感動のロードショー!
前売1500円[8/19(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://crest-inter.co.jp/meguriauhi/

■【エリック・ロメール監督特集上映[デジタル・リマスター版]】
『ロメールと女たち』 

恋愛、友情、休暇、食事…ロメールの映画には、人生に必要なものがつまっている。映画が描き出すのは、真夏の南仏でのヴァカンスや冬のパリでの夜遊び、郊外の街での日常生活など、フランスの素朴な雰囲気を感じられるものばかり。そんななか恋や愛をめぐって交わされる女たちのとめどないおしゃべりは、人生の快楽と歓びを私たちに届けてくれます。可憐な少女たちをエロティックに描き、大人の女の無垢さを映し出す珠玉の恋物語を、ぜひお楽しみください。

8/20(土)⇒9/2(金)
●当日料金(1作品) 1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
●当日2作品券2600円
●当日3作品券3600円

©Les Films du Losange

■海辺のポーリーヌ

(1983年/フランス/フランス語/91分)
 出演/アマンダ・ラングレ、アリエル・ドンバール


©Les Films du Losange/Les Films Ariane

■満月の夜

(1984年/フランス/フランス語/101分)
出演/パスカル・オジェ、チェッキー・カリョ  


©Les Films du Losange/©INA,Les Films du Losange

■緑の光線

(1985年/フランス/フランス語/94分)
出演/マリー・リヴィエール、リサ・エレディア


©Les Films du Losange/C.E.R

■レネットとミラベル/四つの冒険

(1986年/フランス/フランス語/99分)
 出演/ジェシカ・フォルド、ジョエル・ミケル 


©Les Films du Losange

■友だちの恋人

(1987年/フランス/フランス語/103分)
 出演/エマニュエル・ショーレ、ソフィ・ルノワール

http://mermaidfilms.co.jp/rohmer2016/

■つむぐもの <特別上映> (2016/日本/109分)

第19回上海国際映画祭 パノラマ部門出品
第11回大阪アジアン映画祭 コンペティション部門出品


監督/犬童一利
出演/石倉三郎、キム・コッピ、吉岡里帆、宇野祥平 ほか

妻に先立たれて一人暮らしの和紙職人・剛生の元に、ワーキング・ホリデーでやってきた韓国人のヨナ。当初は日本で越前和紙作りの手伝いをするはずだったが、職人の剛生が脳腫瘍で倒れてしまい、突然、介護をすることになるが…。人が最期まで自分らしく生きるためには何が必要なのか?国籍も世代もなにもかもが違うふたりがつむぐ感動作。ヒロイン役に、『息もできない』で世界的な脚光を浴びたキム・コッピ。

【1回限りの特別上映】8/21(日) 夕方の時間で調整中(8/16(火)時間決定) 
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.tsumugumono.com/

■生きうつしのプリマ (2015/ドイツ/ドイツ語・英語・イタリア語/101分)

監督・脚本/マルガレーテ・フォン・トロッタ(『ハンナ・アーレント』)
出演/カッチャ・リーマン、バルバラ・スコヴァ、マティアス・ハービッヒ

『ハンナ・アーレント』の監督&主演で贈る、ある母娘の過去をめぐるミステリー。ドイツの名もないクラブをクビになったばかりのゾフィは、父からネットのニュースを見せられ、唖然とする。そこには、今は亡き最愛の母エヴェリンにうりふたつの女性が映っていた。彼女は、世界で活躍する有名オペラ歌手のカタリーナ。父とゾフィは、彼女と母の関係を探り始めるが…。オペラとジャズに彩られ、ニューヨーク、ドイツ、イタリアを巡り、母を知る旅が始まる—。

8/27(土)よりロードショー
前売1400円[8/26(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://gaga.ne.jp/ikipuri/

■[ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年没後40年]
ヴィスコンティと美しき男たち〜アラン・ドロンとヘルムート・バーガー
『山猫』『ルートヴィヒ』特別興行 

貴族文化の洗練に育まれた独自の美学で唯一無二の作品を遺したルキーノ・ヴィスコンティ。一切の妥協を許さない本物志向のその精神は、コッポラやベルトルッチなど、のちの巨匠らに大きな影響を与えている。今回の特別上映では、ヴィスコンティに最も愛され、不滅の美を得た俳優、アラン・ドロンとヘルムート・バーガーの最も美しい姿を見ることができる2作品、『山猫』『ルートヴィヒ』がスクリーンに甦る。本物だけに与えられる永遠の輝きを、ぜひここで堪能して欲しい。

 『山猫』8/27(土)⇒9/2(金) ロードショー(1日1回上映) ※『山猫』は2K修復版の上映
 『ルートヴィヒ』9/3(土)⇒9/9(金) ロードショー(1日1回上映)
当日料金/特別興行につき1800円
※各種割引、サービスデー、KINO会員会員証・ビンテージ手帳などの適用はございません。全国一律の料金です。
※招待券、パス券などもご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。

■山猫[2K修復版]
 (1963/イタリア=フランス/187分/イタリア語)

監督/ルキーノ・ヴィスコンティ
出演/バート・ランカスター、クラウディア・カルディナーレ、アラン・ドロン

■ルートヴィヒ[デジタル修復版] 
(1973/イタリア=フランス=西ドイツ/237分/イタリア語)

監督/ルキーノ・ヴィスコンティ
出演/ヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー、トレヴァー・ハワード

(FaceBook) https://www.facebook.com/visconti110/

■太陽のめざめ (2015/フランス/フランス語/119分)

第68回 カンヌ国際映画祭 オープニング作品 
第41回 セザール賞 主要8部門ノミネート/ 2部門(助演男優/有望男優)受賞


監督/エマニュエル・ベルコ(『なぜ彼女は愛しすぎたのか』)
出演/カトリーヌ・ドヌーヴ、ロッド・パラド、ブノワ・マジメル、サラ・フォレス
ティエ

判事のフローランスは、母親に置き去りにされた少年マロニーを保護する。しかし10年後、再会したマロニーは心に傷を抱え、荒れた生活を送っていた。フローランスは、似た境遇だったヤンを教育係に、彼が人生を見つけられるように優しく手を差し伸べる。やがて、田舎の更生施設でマロニーは同年代の少女テスと恋に落ちるが…。危うく繊細な少年マロニーをロッド・パラドが強烈な存在感で好演。人が人を思いやる無償の愛と、あきらめない心強さに心打たれる感動作。

9/3(土)より ロードショー
前売1500円[9/2(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.cetera.co.jp/taiyou/

■山口放送開局60周年記念作品] ふたりの桃源郷 (2016/日本/87分)

監督/佐々木聰
ナレーション/吉岡秀隆

山口県岩国市美和町の山奥。電気も水道も通ってない山で暮らす田中寅夫さん・フサコさん夫妻。この山は、戦後まもなく一からやり直そうと自分たちの手で開いた大切な場所。大阪に移住し、子育てを終え、還暦を過ぎた時、想い出のあの山に戻り第二の人生を生きる道を選んだのでした。かけがえのないふたりの時間に、やがて「老い」が静かに訪れ…。山口放送が、田中さん夫妻と彼らを支える家族の姿を足かけ25年にわたり追いかけ、大反響を読んだドキュメンタリー、待望の映画化!

 9/3(土)⇒9/9(金) ロードショー(1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.kry.co.jp/movie/tougenkyou/

■ミモザの島に消えた母 (2015/フランス/フランス語/101分)

監督・脚本/フランソワ・ファヴラ
原作/タチアナ・ド・ロネ「ブーメラン」
出演/ローラン・ラフィット、メラニー・ロラン、オドレイ・ダナ ほか

「ミモザの島」の海で母が謎の死を遂げてから30年。40歳になった今でも喪失感から抜け出せないアントワンは、真相を突き止めようとするが、何故か家族は“母の死”について頑なに口を閉ざす。やがて、ミモザの島を訪れたアントワンは、禁断の真実に辿り着くが…。『サラの鍵』の原作者タチアナ・ド・ロネのベストセラー小説を映画化。家族だから言えること、家族だから秘密にしていること。その切ない衝撃の真実を知った時、家族はゆっくりと明日への一歩を踏み出す。

9/10(土)より ロードショー
前売1400円[9/9(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://mimosa-movie.com/

■ロング・トレイル! (2015/アメリカ/英語/104分)

監督/ケン・クワピス
出演/ロバート・レッドフォード、ニック・ノルティ、エマ・トンプソン

主演・製作 ロバート・レッドフォード、 実話を元に描く、大人のための人生応援ムービー!紀行作家ビルは、60歳を過ぎ、セミリタイアに近い生活を送っていた。平穏な日常に物足りなさを感じていた彼はふと、家の近くを通る北米有数の自然歩道“アパラチアン・トレイル”3,500kmの踏破を思いつく。酒好きの破天荒な旧友カッツを旅の相棒に出発するが、大自然の驚異と体力の衰えという現実が立ちはだかる。やがて、彼らの波乱の冒険は、思いがけない“心の旅”へと進路を変えていく―。

9/10(土)⇒9/23(金) ロードショー
http://www.long-trail.com/

■リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 (2014/アメリカ/英語/106分)

メキシコ最大の映画賞[ルミナス賞] 作品賞/最優秀監督賞/新人賞 受賞

監督/アレハンドロ・モンテヴェルデ
出演/ジェイコブ・サルヴァーティ、エミリー・ワトソン、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、トム・ウィルキンソン ほか

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは父親との時間。しかし、その父が徴兵されることに!一度は絶望したペッパーだったが、町の司祭とその友人である日系人・ハシモトの力を借りて、戦場からの“父親奪還作戦”が始まる…。メキシコ出身の新鋭監督が、アメリカ人少年と日系人との友情を通して描く、戦争へのメッセージ。主人公ペッパーの、信念を貫き努力を厭わないひたむきな姿に心打たれる。

 9/10(土)よりロードショー
http://littleboy-movie.jp/index.html

■オーバー・フェンス (2016/日本/112分)

監督/山下敦弘(『マイ・バック・ページ』『リンダ・リンダ・リンダ』)
原作/佐藤泰志「オーバー・フェンス」(小学館刊「黄金の服」所収)
出演/オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、満島真之介 ほか

『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く、孤高の作家・佐藤泰志原作函館三部作の最終章は、美しく壊れかけた男と女の物語。家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。ある日、同じ訓練校仲間の代島とキャバクラに連れて行かれ、そこで風変わりな若いホステス・聡(さとし)と出会う。どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に惹かれていくが…。

9/17(土)より ロードショー
前売1400円[9/16(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカードセット”プレゼント!(先着限定)

★『オーバー・フェンス』先行上映会レポート

山下敦弘監督「自信作」と語る!
7/13(水)に行われた『オーバーフェンス』先行上映会の様子をライターの新目七恵さんがレポートしてくれました。
(北の映像ミュージアムのページにとびます) http://kitanoeizou.net/blog/?p=12916  



★『オーバー・フェンス』先行上映&山下敦弘監督ご挨拶!【売り切れ】 
  

日 時:7/13(水) 18:25~(終了予定20:30/上映前にトーク)
ゲスト:山下敦弘監督(上映前にご挨拶)
料 金:【売り切れ】チケット完売のため、当日券の発売はございません。
>>詳細

http://overfence-movie.jp/

■アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 (2015/フランス/フランス語・英語114分)

監督・原案・脚本/クロード・ルルーシュ(『男と女』『愛と哀しみのボレロ』)
出演/ジャン・デュジャルダン、エルザ・ジルベルスタイン、クリストファー・ランバート
音楽/フランシス・レイ(『男と女』『愛と哀しみのボレロ』)

『男と女』から50年、恋愛映画の名手クロード・ルルーシュと世界的作曲家フランシ・レイ。数々の作品でタッグを組んできた名コンビが描く、大人の男と女の恋愛模様“最終章”。ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のため、インドを訪れた映画音楽家のアントワーヌは、フランス大使の妻アンナと出会う。聖者アンマに会うためインド南部の村まで旅に出るというアンナを追って、アントワーヌもしばしの休養を求めて一緒に旅に出かけることにするが…。

9/17(土)より ロードショー
前売1500円[9/16(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルボールペン”プレゼント!(先着限定)
http://anna-movie.jp/

■歌声にのった少年 (2015/パレスチナ/アラビア語/98分)

アジア太平洋スクリーン・アワードUNESCO賞
ワルシャワ映画祭 エキュメニカル審査員賞
トロント国際映画祭 正式出品


監督・脚本/ハニ・アブ・アサド(『パラダイス・ナウ』『オマールの壁』)
出演/タウフィーク・パルホーム、ナーディーン・ラバキ、ムハンマド・アッサーフ

ガザ地区から壁を越えて、“歌手になる夢”を叶えた少年の奇跡の実話。紛争の絶えないパレスチナ・ガザ地区で暮らすムハンマド少年は、仲良しの姉ヌールと二人の友だちとバンドを組み、拾ったガラクタの楽器を作り、街中で歌っていた。美しい声で聴く者を魅了していくムハンマドだったが、ヌールが重い病に倒れてしまい…。本作のモデルは、アラブでは知らない人はいないというほどのスーパースターとなった、ムハンマド・アッサーフ。現在も歌手を続けながら、国連で平和活動を続けている。

9/24(土)より 感動のロードショー
前売1500円[9/23(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://utagoe-shonen.com/

■[イングリッド・バーグマン生誕100周年記念ドキュメンタリー作品]
イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優
 (2015/スウェーデン/英語、イタリア語、フランス語、スウェーデン語/114分)

第68回 カンヌ国際映画祭プレミア上映作品

監督/スティーグ・ビョークマン
出演/イザベラ・ロッセリーニ、イングリッド・ロッセリーニ、アリシア・ヴィキャンデル(ナレーション) ほか

『カサブランカ』『ガス燈』『オリエント急行殺人事件』『秋のソナタ』など、数々の代表作で知られ、オスカーを3度獲得した女優、イングリッド・バーグマン。これまで表に出ることのなかった、プライベートな映像や日記、手紙、彼女の子どもたちへのインタビューを通して、スウェーデンからやってきたひとりの少女が、天性の魅力と存在感でスキャンダルをも忘れさせ、いかに世界的な大女優となったのかー。死後30年を経ても色褪せない彼女の魅力に迫る。

10/1(土)より ロードショー
前売1500円[9/30(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に、“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://ingridbergman.jp/

■神様の思し召し (2015/イタリア/イタリア語/88分)

東京国際映画祭 観客賞受賞

監督・脚本/エドアルドフ・ファルコーネ
出演/マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン、ラウラ・モランテ

『最強のふたり』再び!?イタリア発、何もかもが正反対のふたりが巻き起こす、陽気で素敵な人生賛歌!エリート外科医のトンマーゾは、医師としては天才だが、傲慢・毒舌で周りからはケムたがられ、妻との仲も倦怠気味。頼みの綱は医学生の長男だけ。しかしある日、あろうことか「神父になりたい」と宣言されてしまう。息子が、ハデなパフォーマンスで人気のピエトロ神父に“洗脳”されているとニラんだトンマーゾは、信者として教会に潜入するが…。

10/1(土)より ロードショー
前売1400円[9/30(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://gaga.ne.jp/oboshimeshi/

■TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド (2016/日本/110分)

第69回 サン・セバスチャン国際映画祭 キュリナリー・シネマ部門 正式出品   
第42回 シアトル国際映画祭 キュリナリー・シネマ部門 正式出品

監督・脚本・編集:遠藤尚太郎
取材協力/築地で働く人々、すきやばし次郎、鮨さいとう、すし匠、石かわ、銀座小
十、道場六三郎、レネ・レゼピ(noma) ほか

今年11月に移転を迎える<築地市場>。80年間、日本の食文化を支え続けてきた<世界の魚市場>にカメラが初潜入、1年4か月にわたる長期撮影から見えてくる知られざる市場の姿とは。使命感を持って働く魚のプロフェッショナル<仲卸>の日々の営みや彼らを取り巻く人間模様を、築地の四季と共に美しい映像で紡ぐ。世界中の料理人から旅行者までを魅了してやまない“TSUKIJI”の真の姿が初めて浮き彫りになる。ようこそ、誰も見たことがない不思議の世界へ—。

10/15(土)よりロードショー
前売1400円[10/14(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://tsukiji-wonderland.jp/

■湯を沸かすほどの熱い愛 (2016/日本/125分)

脚本・監督/中野量太(『チチを撮りに』)
出演/宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駒河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー

銭湯「幸(さち)の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく…。初長編作品『チチを撮りに』でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012監督賞を受賞、国際的にも注目される新星・中野量太監督・脚本作品。死にゆく母の熱い想いと、生きる力がほとばしる家族の愛の物語。

10/29(土)より ロードショー
前売1400円[10/28(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナル手ぬぐい”プレゼント!(先着限定)
http://atsui-ai.com/

■ティファニー ニューヨーク五番街の秘密 (2016/アメリカ/英語/87分)

監督/マシュー・ミーレー(『ニューヨーク・バ-グドルフ魔法のデパート』)
出演/バズ・ラーマン、レイチェル・ソー、ジェシカ・ビール、ロブ・マーシャル ほか

世界で最も有名なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画。1837年創業、1940年にニューヨーク五番街にティファニー本店をオープン。そこはのちにオードリー・ヘップバーン主演の映画『ティファニーで朝食を』(1961)で世界中に知られることになる。本作ではティファニーに魅せられたセレブたちへのインタビュー、“ティファニーブルー”の制作秘話、ジュエリーを提供した数々の映画のワンシーン、そして撮影が許可されたティファニー本店の模様などを観ることができる。

11/5(土)より ロードショー 
前売1500円[11/4(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルメモ”プレゼント!(先着限定)
http://www.finefilms.co.jp/tiffany/

■ブルゴーニュで会いましょう (2015/フランス/フランス語/97分)

監督・脚本/ジェローム・ル・メール
出演/ジェラール・ランヴァン、ジャレリ・レスペール、アリス・ダグリオーニ、ローラ・スメット

11/19(土)より ロードショー
前売1500円[11/18(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ぶどうの付箋”プレゼント!(先着限定)
http://bourgogne-movie.com/

■ダゲレオタイプの女 (2016/フランス=ベルギー=日本/フランス語/131分)

監督・脚本/黒沢清(『岸辺の旅』『トウキョウソナタ』)
出演/タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、マチュー・アマルリック ほか

『岸辺の旅』で2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞するなど、世界から注目を集める黒沢清監督の海外初進出作品。「ダゲレオタイプ」と呼ばれる世界最古の写真撮影法を用いて肖像写真を撮影する写真家ステファンの下で働くことになったジャン。ステファンは娘のマリーを長時間拘束器具に固定し、ダゲレオタイプの被写体にしていた。やがてジャンは、その屋敷に隠された秘密を知るが…。ダゲレオタイプが引き寄せる愛と死、クラシカルで端正な、これまでにないホラー・ラブロマンス。

秋公開
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に、“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.bitters.co.jp/dagereo/