■太陽のめざめ (2015/フランス/フランス語/119分)

第68回 カンヌ国際映画祭 オープニング作品 
第41回 セザール賞 主要8部門ノミネート/ 2部門(助演男優/有望男優)受賞


監督/エマニュエル・ベルコ(『なぜ彼女は愛しすぎたのか』)
出演/カトリーヌ・ドヌーヴ、ロッド・パラド、ブノワ・マジメル、サラ・フォレス
ティエ

判事のフローランスは、母親に置き去りにされた少年マロニーを保護する。しかし10年後、再会したマロニーは心に傷を抱え、荒れた生活を送っていた。フローランスは、似た境遇だったヤンを教育係に、彼が人生を見つけられるように優しく手を差し伸べる。やがて、田舎の更生施設でマロニーは同年代の少女テスと恋に落ちるが…。危うく繊細な少年マロニーをロッド・パラドが強烈な存在感で好演。人が人を思いやる無償の愛と、あきらめない心強さに心打たれる感動作。

9/3(土)⇒10/6(木)
前売1500円[9/2(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.cetera.co.jp/taiyou/

■ロング・トレイル! (2015/アメリカ/英語/104分)

監督/ケン・クワピス
出演/ロバート・レッドフォード、ニック・ノルティ、エマ・トンプソン

主演・製作 ロバート・レッドフォード、 実話を元に描く、大人のための人生応援ムービー!紀行作家ビルは、60歳を過ぎ、セミリタイアに近い生活を送っていた。平穏な日常に物足りなさを感じていた彼はふと、家の近くを通る北米有数の自然歩道“アパラチアン・トレイル”3,500kmの踏破を思いつく。酒好きの破天荒な旧友カッツを旅の相棒に出発するが、大自然の驚異と体力の衰えという現実が立ちはだかる。やがて、彼らの波乱の冒険は、思いがけない“心の旅”へと進路を変えていく―。

9/10(土)⇒10/7(金)まで延長!
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.long-trail.com/

■リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 (2014/アメリカ/英語/106分)

メキシコ最大の映画賞[ルミナス賞] 作品賞/最優秀監督賞/新人賞 受賞

監督/アレハンドロ・モンテヴェルデ
出演/ジェイコブ・サルヴァーティ、エミリー・ワトソン、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、トム・ウィルキンソン ほか

第二次世界大戦下、アメリカ西海岸の小さな町。8歳の少年ペッパーは誰よりも背が低く“リトル・ボーイ”とからかわれていた。数少ない楽しみは父親との時間。しかし、その父が徴兵されることに!一度は絶望したペッパーだったが、町の司祭とその友人である日系人・ハシモトの力を借りて、戦場からの“父親奪還作戦”が始まる…。メキシコ出身の新鋭監督が、アメリカ人少年と日系人との友情を通して描く、戦争へのメッセージ。主人公ペッパーの、信念を貫き努力を厭わないひたむきな姿に心打たれる。

9/10(土)⇒9/30(金)
前売1400円[9/9(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://littleboy-movie.jp/index.html

■オーバー・フェンス (2016/日本/112分)

監督/山下敦弘(『マイ・バック・ページ』『リンダ・リンダ・リンダ』)
原作/佐藤泰志「オーバー・フェンス」(小学館刊「黄金の服」所収)
出演/オダギリジョー、蒼井優、松田翔太、満島真之介 ほか

『海炭市叙景』『そこのみにて光輝く』に続く、孤高の作家・佐藤泰志原作函館三部作の最終章は、美しく壊れかけた男と女の物語。家庭をかえりみなかった男・白岩は、妻に見限られ、東京から故郷の函館に戻りつつも実家には顔を出さず、職業訓練校に通いながら失業保険で暮らしていた。ある日、同じ訓練校仲間の代島とキャバクラに連れて行かれ、そこで風変わりな若いホステス・聡(さとし)と出会う。どこか危うさを持つ美しい聡に、白岩は急速に惹かれていくが…。

9/17(土)より ロードショー
前売1400円[9/16(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカードセット”プレゼント!(先着限定)

★9/17(土)初日ミニトーク決定!!                      
16:00の回上映前にご出演の逢坂由委子さんのトークがございます。 >>詳細 

★『オーバー・フェンス』先行上映会レポート

山下敦弘監督「自信作」と語る!
7/13(水)に行われた『オーバーフェンス』先行上映会の様子をライターの新目七恵さんがレポートしてくれました。
(北の映像ミュージアムのページにとびます) http://kitanoeizou.net/blog/?p=12916  



★『オーバー・フェンス』先行上映&山下敦弘監督ご挨拶!【売り切れ】 
  

日 時:7/13(水) 18:25~(終了予定20:30/上映前にトーク)
ゲスト:山下敦弘監督(上映前にご挨拶)
料 金:【売り切れ】チケット完売のため、当日券の発売はございません。
>>詳細

http://overfence-movie.jp/

■アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲 (2015/フランス/フランス語・英語114分)

監督・原案・脚本/クロード・ルルーシュ(『男と女』『愛と哀しみのボレロ』)
出演/ジャン・デュジャルダン、エルザ・ジルベルスタイン、クリストファー・ランバート
音楽/フランシス・レイ(『男と女』『愛と哀しみのボレロ』)

『男と女』から50年、恋愛映画の名手クロード・ルルーシュと世界的作曲家フランシ・レイ。数々の作品でタッグを組んできた名コンビが描く、大人の男と女の恋愛模様“最終章”。ボリウッド版『ロミオとジュリエット』作品の製作のため、インドを訪れた映画音楽家のアントワーヌは、フランス大使の妻アンナと出会う。聖者アンマに会うためインド南部の村まで旅に出るというアンナを追って、アントワーヌもしばしの休養を求めて一緒に旅に出かけることにするが…。

9/17(土)⇒10/7(金)までは上映予定
前売1500円[9/16(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルボールペン”プレゼント!(先着限定)
http://anna-movie.jp/

■さとにきたらええやん (2015/日本/100分)

監督・撮影/重江良樹
音楽/SHINGO★西成

困ったときは、いつでもおいでや!日雇い労働者の街・大阪市西成区釜ヶ崎で38年間続く子どもたちの集い場「こどもの里」。0歳児から20歳までの子たちが障がいの有無や国籍の区別なく無料で利用できるみんなの“さと”は、いま求められている“居場所”の原風景なのかもしれない。足かけ7年、時に悩み、立ち止まりながらも全力で生きる子どもたちと、彼らに全力で向き合う大人たちに密着。人情が濃く残る街の人々の奮闘を描く、涙と笑いあふれるドキュメンタリー!

9/23(金)・30(金) 【特別上映】 (各日1回上映)

★9/30(金) 重江良樹監督来館!(予定)
http://www.theaterkino.net/?news=news-1640

当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円、KINO会員1000円
 http://www.sato-eeyan.com/

■歌声にのった少年 (2015/パレスチナ/アラビア語/98分)

アジア太平洋スクリーン・アワードUNESCO賞
ワルシャワ映画祭 エキュメニカル審査員賞
トロント国際映画祭 正式出品


監督・脚本/ハニ・アブ・アサド(『パラダイス・ナウ』『オマールの壁』)
出演/タウフィーク・パルホーム、ナーディーン・ラバキ、ムハンマド・アッサーフ

シアターキノ本年度後半最大の感動的なサクセス・ストーリー!パレスチナ・ガザ地区から壁を越えて、スーパースターになった少年の奇跡の実話。仲良しの姉ヌールと一緒にバンドを組むムハンマド少年の夢は“スター歌手になって世界を変えること”。美しい歌声をもった少年の夢はやがて、パレスチナ国民の期待を一身に背負う存在へとなっていく―。本作のモデルは、アラブでは知らない人はいないというムハンマド・アッサーフ。彼は現在も歌手を続けながら、国連青年大使を務めている。

9/24(土)より 感動のロードショー

★『歌声にのった少年』映画の感想募集します!!  

9/24(土)〜10/2(日)まで、『歌声にのった少年』を ご覧の方に感想カードをお渡しします。抽選で10名様に、キノの招待券をプレゼントいたします。ぜひご参加ください!
>>詳細 

前売1500円[9/23(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://utagoe-shonen.com/

■[イングリッド・バーグマン生誕100周年記念ドキュメンタリー作品]
イングリッド・バーグマン 愛に生きた女優
 (2015/スウェーデン/英語、イタリア語、フランス語、スウェーデン語/114分)

第68回 カンヌ国際映画祭プレミア上映作品

監督/スティーグ・ビョークマン
出演/イザベラ・ロッセリーニ、イングリッド・ロッセリーニ、アリシア・ヴィキャンデル(ナレーション) ほか

『カサブランカ』『ガス燈』『オリエント急行殺人事件』『秋のソナタ』など、数々の代表作で知られ、オスカーを3度獲得した女優、イングリッド・バーグマン。これまで表に出ることのなかった、プライベートな映像や日記、手紙、彼女の子どもたちへのインタビューを通して、スウェーデンからやってきたひとりの少女が、天性の魅力と存在感でスキャンダルをも忘れさせ、いかに世界的な大女優となったのかー。死後30年を経ても色褪せない彼女の魅力に迫る。

10/1(土)より ロードショー
前売1500円[9/30(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に、“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://ingridbergman.jp/

■神様の思し召し (2015/イタリア/イタリア語/88分)

東京国際映画祭 観客賞受賞

監督・脚本/エドアルドフ・ファルコーネ
出演/マルコ・ジャリーニ、アレッサンドロ・ガスマン、ラウラ・モランテ

『最強のふたり』再び!?イタリア発、何もかもが正反対のふたりが巻き起こす、陽気で素敵な人生賛歌!エリート外科医のトンマーゾは、医師としては天才だが、傲慢・毒舌で周りからはケムたがられ、妻との仲も倦怠気味。頼みの綱は医学生の長男だけ。しかしある日、あろうことか「神父になりたい」と宣言されてしまう。息子が、ハデなパフォーマンスで人気のピエトロ神父に“洗脳”されているとニラんだトンマーゾは、信者として教会に潜入するが…。

10/1(土)より ロードショー
前売1400円[9/30(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円

★【公開記念割引】あなたは外科医?それとも神父さま?

白衣着用or 神父さま服着用で 受付にお申し出下さい。
【公開記念割引】 お一人様¥1000! >>詳細

http://gaga.ne.jp/oboshimeshi/

■シアター・プノンペン (2014/カンボジア/クメール語/105分)

第27回東京国際映画祭 国際交流基金アジアセンター特別賞

ソト・クォーリーカー初監督作品
出演/マー・リネット、ディ・サヴェット、ルオ・モニー、ソク・ソトゥン、トゥン・ソーピー

カンボジアの首都プノンペン。女子大生のソポンが廃墟のような映画館で見た古い恋愛映画。何とその主演女優は母だった!美しく輝いていた母の知られざる女優時代。映画の最終シーンが失われていることを知ったソポンは、今は病床に伏せる母の為に、映画を完成させようと決心するが、やがて、世界を揺るがせたクメール・ルージュの時代を懸命に生きた人々の、数奇な運命が明らかになってゆく…。カンボジア映画史上初の女性監督による、激動の時代を生きた映画人たちの壮大なヒューマンドラマ。

10/7(金)⇒10/13(木) ロードショー(1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.t-phnompenh.com/

■グッバイ・サマー (2015/フランス/フランス語/104分)

監督・脚本/ミシェル・ゴンドリー
出演/アンジュ・ダルジャン、テオフィル・バケ、オドレイ・トトゥ

14歳のダニエルは悩みを抱えていた。中学生になっても女の子みたいな容姿でクラスメイトから馬鹿にされ、恋するローラにはまったく相手にされない。そんなある日、クラスに変わり者の転校生・テオがやってくる。周囲から浮いた二人は意気投合し、夏休みに“ある計画”を立てる。それは、スクラップを集めて“夢の車”を作り、旅に出ることだった―。『エターナル・サンシャイン』など、遊び心に満ちた世界観で絶大な支持を得る映像作家ミシェル・ゴンドリーの最新作は、自伝的青春ロードムービー!

10/8(土)より ロードショー
前売1500円[10/7(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“特製トートバッグ”プレゼント!(先着限定)
http://www.transformer.co.jp/m/goodbyesummer/

■人間の値打ち (2013/イタリア・フランス/イタリア語/109分)

イタリア・アカエデミー賞(ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞) 作品賞・主演女優賞ほか、7部門受賞!
2015年 アカデミー賞外国語映画賞 イタリア代表作品


監督・脚本/パオロ・ヴィルズィ
原作/ステファン・アミドン
出演/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ファブリツィオ・ベンティボリオ

その夜、事故は起きた―。これをきっかけに、経済格差のある3つの家庭に隠された秘密と欲望が浮かび上がる。投資ファンドで一攫千金を夢見る男。自分の居場所を見いだせない富豪の妻。愛に懐疑的な女子高生。美しい別荘を舞台に、それぞれの欲望がうごめく。真実を知るのは誰なのか?卓越したストーリーテリングをもとに、見事に構成された社会派サスペンスの傑作!お金にまつわる問題がいかに人間関係や人の運命、価値を左右しうるかをエンターテインメント性豊かに描き、衝撃のラストまで目が離せない。

10/8(土)より ロードショー
前売1500円[10/7(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“デコラパルファム バスソリト シトラスティー”プレゼント!(先着限定)
http://neuchi-movie.com/

■第11回 札幌国際短編映画祭 SAPPORO SHORT FEST 2016 
<ジャパン・オフ・シアター>

10/10(月)⇒10/16(日) 21:10〜23:00
(終了時間はプログラムによって異なります)
※10/15(土)は上映なし
<10/10(月・祝)>『ファンタスティック』4作品
<10/11(火)>『ヒューマン』5作品
<10/12(水)>『アート』5作品
<10/13(木)>『エンタメ』7作品
<10/14(金)>『シリアス』6作品
<10/16(日)>『アニメーション』9作品
当日1プログラム券 1300円
※料金等の詳細は公式サイトをご覧下さい。
http://sapporoshortfest.jp/

■ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ (2015/イギリス/英語/104分)

監督/マイケル・グランデージ
出演/コリン・ファース、ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、ローラ・リニー、ガイ・ピアース

ある日、編集者パーキンズの元に無名の作家トマス・ウルフの原稿が持ち込まれる。彼の才能を見抜いたパーキンズは、感情のままに、際限なく文章を生み出すウルフを支え、処女作「天使よ故郷を見よ」をベストセラーに導く。そして二人は、更なる大作に取りかかるのだったが…。ヘミングウェイ、フィッツジェラルドなどアメリカ文学史に残る名作を見出した実在の名編集者M・パーキンズと37歳で生涯を閉じた天才小説家トマス・ウルフ。文学にすべてをかけたふたりの友情の物語。

10/14(金)より ロードショー
前売1500円[10/13(木)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://best-seller.jp/

■TSUKIJI WONDERLAND 築地ワンダーランド (2016/日本/110分)

第69回 サン・セバスチャン国際映画祭 キュリナリー・シネマ部門 正式出品   
第42回 シアトル国際映画祭 キュリナリー・シネマ部門 正式出品

監督・脚本・編集:遠藤尚太郎
取材協力/築地で働く人々、すきやばし次郎、鮨さいとう、すし匠、石かわ、銀座小
十、道場六三郎、レネ・レゼピ(noma) ほか

今年11月に移転を迎える<築地市場>。80年間、日本の食文化を支え続けてきた<世界の魚市場>にカメラが初潜入、1年4か月にわたる長期撮影から見えてくる知られざる市場の姿とは。使命感を持って働く魚のプロフェッショナル<仲卸>の日々の営みや彼らを取り巻く人間模様を、築地の四季と共に美しい映像で紡ぐ。世界中の料理人から旅行者までを魅了してやまない“TSUKIJI”の真の姿が初めて浮き彫りになる。ようこそ、誰も見たことがない不思議の世界へ—。

10/15(土)より ロードショー (1日2〜1回上映)
前売1400円[10/14(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://tsukiji-wonderland.jp/

■ソング・オブ・ラホール
 (2015/アメリカ/ウルドゥー語、パンジャービー語、英語/82分)

2015年 トライベッカ映画祭 ドキュメンタリー部門 観客賞受賞

監督・製作/シャルミーン・ウベード=チナーイ、アンディ・ショーケン
出演・音楽/サッチャル・ジャズ・アンサンブル、ジャズ・アット・リンカーン ほか

俺たちに“あと”はない!パキスタン・イスラム共和国の街ラホール。豊かな歴史を持つこの都市も、過激なイスラーム原理主義の影響で音楽文化は衰退し、伝統音楽家たちは転職を余儀なくされた。危機感をつのらせた彼らは、再起をかけ、なんと伝統楽器を駆使してジャズに挑戦!彼らがカバーした「テイク・ファイヴ」のプロモーション映像はまたたく間に世界をかけめぐり、ついには本場NYでウィントン・マルサリスとの共演に招かれるが…?!音楽の興奮と希望に満ちたドキュメンタリー!

10/22(土)⇒10/28(金) ロードショー
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://senlis.co.jp/song-of-lahore/

■ラサへの歩き方 祈りの2400km (2015/中国/チベット語/115分)

トロント国際映画祭 正式出品 
プサン国際映画祭 正式出品
ロッテルダム国際映画祭 正式出品 


監督・脚本/チャン・ヤン
出演/チベットを巡礼の旅をする11人の村人たち

老人、妊婦、幼い少女も!チベットの小さな村の3家族が聖地ラサへとむかう驚きの巡礼・ロードムービー。仏教でもっとも丁寧な礼拝の方法「五体投地」で2400kmもの距離を、1年かけて巡礼する。両手・両膝・額(五体)を地面に投げ伏して祈り、「しゃくとり虫のように進む」。過酷に見える巡礼なのに、なぜ彼らは楽しげなのか。チベットの人々の暮らし、巡礼旅の中にある生と死のドラマから見えてくるのは、シンプルに生きるよろこび。『胡同のひまわり』のチャン・ヤン監督が、長年のチベットへの憧れをついに映画化。

10/22(土)⇒10/28(金) ロードショー (1日1回上映)
前売1400円[10/21(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.moviola.jp/lhasa/

■明日の世界 ドン・ハーツフェルト作品集

いまやアメリカのみならず世界を代表するアニメーション作家となったドン・ハーツフェルト。2016年2月、熱狂の初来日の余韻も冷めやらぬなか、アカデミー賞短編アニメーション部門ノミネート・サンダンス映画祭審査委員大賞の新作『明日(あした)の世界』が待望の全国公開。涙と驚異の三部作『きっと全て大丈夫』もデジタルリマスターを施され、長編仕様の特別編集版で併映。棒線画の宇宙に漂う、フラジャイルな人々の姿は、きっと私たちの未来。

【KINOフライデーシネマ】10/28(金) 1日限りの特別上映!
(※夕方〜夜の時間帯で調整中。10/18(火)決まります)

★土居伸彰さん(アニメーション研究・評論)作品解説トークあり!(予定) 

■きっと全て大丈夫 (2012/62分)
※デジタルリマスター、長編特別編集版


■明日の世界 (2015/17分)
監督・プロデュース・脚本・編集・録音/ドン・ハーツフェルト

当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://nd2267.wixsite.com/tomorrow

■湯を沸かすほどの熱い愛 (2016/日本/125分)

脚本・監督/中野量太(『チチを撮りに』)
出演/宮沢りえ、杉咲花、篠原ゆき子、駒河太郎、伊東蒼、松坂桃李、オダギリジョー

銭湯「幸(さち)の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。そんなある日、突然、「余命わずか」という宣告を受ける。その日から、彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく…。初長編作品『チチを撮りに』でSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2012監督賞を受賞、国際的にも注目される新星・中野量太監督・脚本作品。死にゆく母の熱い想いと、生きる力がほとばしる家族の愛の物語。

10/29(土)より ロードショー
前売1400円[10/28(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナル手ぬぐい”プレゼント!(先着限定)
http://atsui-ai.com/

■92歳のパリジェンヌ (2015/フランス/フランス語/106分)

フランス映画祭 エールフランス 観客賞受賞! 

監督/パスカル・プザドゥー
出演/サンドリーヌ・ボネール、マルト・ヴィラロンガ

母は強い。92歳のパリジェンヌが決断した“美しいまま終える人生”。フランス元首相の母が貫いた人生を、家族の葛藤と共に作家の娘が綴り、映画化された、感動の実話!子供や孫にも恵まれ、穏やかな老後を過ごすマドレーヌ。まだまだ元気な彼女だが、92歳の誕生日のお祝いに駆けつけた家族に対して驚くべき発表をする。気力があるうちに自らの手で人生に幕を下ろすというのだ。絶対反対を唱える家族だったが、限られた日々を共に過ごす中で、次第にマドレーヌの想いに触れ…。

10/29(土)より ロードショー
前売1500円[10/28(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://gaga.ne.jp/92parisienne/

■ティファニー ニューヨーク五番街の秘密 (2016/アメリカ/英語/87分)

監督/マシュー・ミーレー(『ニューヨーク・バ-グドルフ魔法のデパート』)
出演/バズ・ラーマン、レイチェル・ソー、ジェシカ・ビール、ロブ・マーシャル ほか

世界で最も有名なジュエリーブランド、ティファニー初のドキュメンタリー映画。1837年創業、1940年にニューヨーク五番街にティファニー本店をオープン。そこはのちにオードリー・ヘップバーン主演の映画『ティファニーで朝食を』(1961)で世界中に知られることになる。本作ではティファニーに魅せられたセレブたちへのインタビュー、“ティファニーブルー”の制作秘話、ジュエリーを提供した数々の映画のワンシーン、そして撮影が許可されたティファニー本店の模様などを観ることができる。

11/5(土)より ロードショー 
前売1500円[11/4(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルメモ”プレゼント!(先着限定)
http://www.finefilms.co.jp/tiffany/

■奇蹟がくれた数式 (2016/イギリス/英語/108分)

トロント国際映画祭2015 正式出品

監督・脚本/マシュー・ブラウン
原作/ロバート・カニーゲル著「夭逝の数学者・ラマヌジャン 無限の天才」(工作舎)
出演/デヴ・パテル、ジェレミー・アイアンズ、デヴィカ・ビセ、トビー・ジョーンズ

もしもこの二人が出会わなかったら、世界は違う姿になっていたかもしれない。1941年、英国・ケンブリッジ大学の数学者ハーディに、遠くインドから届いた一通の手紙。そこには驚くべき“発見”が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招聘するが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶し…。アインシュタインと並ぶインドの無限の天才、ラマルジャンを見出した英国人数学者。生まれも境遇も全く違う二人が出会い、友情を育み、やがて歴史を揺るがす大きな奇蹟を起こす。

11/5(土)より ロードショー
前売1500円[11/4(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルノート”プレゼント!(先着限定)
http://kiseki-sushiki.jp/

■函館珈琲 (2016年/日本/90分)

第21回 函館港イルミナシオン映画祭2015 オープニング上映 
第11回 大阪アジアン映画祭 インディーフォーラム部門 正式出品
Nippon Connection 2016 正式出品


監督・編集/西尾孔志(『ソウルフラワートレイン』)
出演/黄川田将也、片岡礼子、Azumi、中島トニー、あがた森魚、夏樹陽子

函館の街にひっそりと佇む翡翠館。オーナーの萩原時子は、夢を追う若者たちにアトリエ兼住居として部屋を貸し出している。夏のある日、翡翠館の蔵で古本屋を開くという桧山英二がやってきて…。2015年で20周年を迎えた函館港イルミナシオン映画祭では、函館の街を舞台にしたオリジナルシナリオからの映画創りを目指す<シナリオ大賞映画化プロジェクト>がスタートし、本作がその第1弾作品。主人公・桧山が淹れるコーヒーに誘われるように人が集まり、翡翠館の若者たちとの出会いと葛藤を描く。

11/5(土)⇒11/17(木) ロードショー(1日1回上映)
前売1400円[11/4(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://hakodatecoffee.com/

■ブルゴーニュで会いましょう (2015/フランス/フランス語/97分)

監督・脚本/ジェローム・ル・メール
出演/ジェラール・ランヴァン、ジャレリ・レスペール、アリス・ダグリオーニ、ローラ・スメット

自然豊かな美しきフランス・ブルゴーニュ地方のワイナリーを舞台に、バラバラになった家族の再生を描く感動作。故郷を離れパリで著名なワイン評論家となったシャルリは、実家のワイナリーが経営不振で買収寸前だという知らせを聞き、久々に帰郷する。悩みながらも自身の手でワイナリーを再建しようと決意するが、「ワイン造りは家族で行うもの」という家訓を捨てて出て行ったシャルリを、父親は許すことができず、なかなか二人の溝は埋まらない。ワイン造りは素人なシャルリは試行錯誤を繰り返し…。

11/19(土)より ロードショー
前売1500円[11/18(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ぶどうの付箋”プレゼント!(先着限定)
http://bourgogne-movie.com/

■世界の果てまでヒャッハー! (2015/フランス/フランス語/93分)

監督/ニコラ・ブナム、フィリップ・ラショー
出演/フィリップ・ラショー、アリス・ダヴィッド、クリスチャン・クラヴィエ

フランスでまさかの大ヒット!?無敵の“ヒャッハー”なアドベンチャーコメディ日本上陸!結婚を考えているソニアを連れ、お騒がせな男友達とバカンスに繰り出した主人公フランク。ひょんなことから男たちとおばあちゃんがジャングルで行方不明に!残されたのはハンディカメラ1台。いなくなったメンバーを探すため、ソニアたちはカメラの映像を確認するが、そこに映っていたのは、とんでもないアドベンチャーの数々だった…。(R15+)

11/19(土)より まさかの南国サバイバルで“ヒャッハー!”大爆笑ロードショー
前売1500円[11/18(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.hyahha-movie.net/

■アスファルト (2015/フランス/フランス語/100分)

第68回 カンヌ国際映画祭 特別招待作品  
第41回 セザール賞 脚色賞ノミネート
第26回 ストックホルム映画祭 国際批評家連盟賞受賞


監督・脚本/サミュエル・ベンシェトリ
出演/イザベル・ユペール、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、マイケル・ピット、ジュール・ベンシェトリ

是枝裕和監督『海よりもまだ深く』、阪本順治監督『団地』など、ちょっとした日本の団地映画ブームに、はるばるフランスからも団地を舞台にした映画がやってきた!フランス郊外のおんぼろ団地を舞台に、「鍵っ子の高校生」に掌でころがされる「落ち目の女優」、なぜか団地の屋上に不時着した「NASAの宇宙飛行士」と「息子の帰りを待つ移民の女性」など、不器用で孤独な6人の男女に突然舞い降りた思いがけない奇跡の出逢い。平凡な日常にふと訪れる、ちょっぴりビターな“しあわせ”。

11/26(土)より ロードショー
前売1500円[11/25(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.asphalte-film.com/index.html

■ダゲレオタイプの女 (2016/フランス=ベルギー=日本/フランス語/131分)

監督・脚本/黒沢清(『岸辺の旅』『トウキョウソナタ』)
出演/タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、マチュー・アマルリック ほか

『岸辺の旅』で2015年カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞するなど、世界から注目を集める黒沢清監督の海外初進出作品。「ダゲレオタイプ」と呼ばれる世界最古の写真撮影法を用いて肖像写真を撮影する写真家ステファンの下で働くことになったジャン。ステファンは娘のマリーを長時間拘束器具に固定し、ダゲレオタイプの被写体にしていた。やがてジャンは、その屋敷に隠された秘密を知るが…。ダゲレオタイプが引き寄せる愛と死、クラシカルで端正な、これまでにないホラー・ラブロマンス。

11/26(土)よりロードショー
前売1500円[11/25(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に、“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.bitters.co.jp/dagereo/

■シーモアさんと、大人のための人生入門 (2014/アメリカ/英語/81分)

第39回 トロント国際映画祭 観客賞 ドキュメンタリー部門3位

監督/イーサン・ホーク
出演/シーモア・バーンスタイン、イーサン・ホーク、マイケル・キンメルマン ほか

悲しみの音色はいずれ、美しいハーモニーになる―。人生の折り返し地点、俳優として、ひとりの人間として行き詰まりを感じていたイーサン・ホークを救ったのは、89歳のピアノ教師シーモア・バーンスタインだった。彼は、50歳でコンサート・ピアニストとしての活動に終止符を打ち、以後の人生を「教える」ことに捧げてきた。ピアニストとしての成功、朝鮮戦争従軍中のつらい記憶…決して平坦ではなかった人生を、美しいピアノの調べとともに語る。シーモアさんが教えてくれる、人生の“ほんとうの豊かさ”。

12/3(土)より ロードショー
前売1500円[12/2(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.uplink.co.jp/seymour/

■みかんの丘 / とうもろこしの島

『みかんの丘』(2013)と『とうもろこしの島』(2014)は、いずれもコーカサス山脈の南にある歴史ある国ジョージア(グルジア)の近年を代表する傑作。いずれの作品もジョージア映画特有のユーモアや人間的な温もりがあり、観る者にあたたかく力強い感動を残してくれる。主人公たちは、紛争の戦火におかれても人間らしさ、人間としての営みを失うことはない。みかんを収穫し、とうもろこしを育て、敵味方隔てなく傷ついた者を助ける。人間と戦争の真実を描いた感動の2作品を一挙公開!

『みかんの丘』 12/10(土)⇒12/23(金) 1日1回上映
 『とうもろこしの島』 12/10(土)⇒12/16(金) 1日1回上映

■みかんの丘
(2013/エストニア・ジョージア合作/ロシア語・エストニア語/87分)


2013年 ワルシャワ国際映画祭最優秀監督賞・観客賞
2015年 アカデミー賞外国語映画賞ノミネート(エストニア代表)

監督・脚本/ザザ・ウルシャゼ
出演/レムビット・ウルフサク、エルモ・ニュガネン、ミヘイル・メスヒ ほか



■とうもろこしの島
 (2014/ジョージア・ドイツ・フランス・チェコ・カザフスタン・ハンガリー合作/アブハズ語・ジョージア語・ロシア語・100分)

2015年 ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート(ジョージア代表)

監督/ギオルギ・オヴァシュヴィリ
出演/イリアス・サルマン、マリアム・ブトゥリシュヴィリ、イラクリ・サムシア ほか

●前売1回券 1500円[12/9(金)までの発売]
●前売2回券 2800円[12/9(金)までの発売]
当日料金(1作品) 一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.mikan-toumorokoshi.info/

■アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男 
(2015/ドイツ/ドイツ語/105分)

ドイツ映画賞 作品賞/監督賞/脚本賞など 最多6部門受賞 
ロカルノ映画祭 観客賞
ドイツ映画批評家協会賞 作品賞


監督/ラース・クラウメ
出演/ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク ほか

1960年、世界を震撼させたナチス戦犯アドルフ・アイヒマン拘束。この歴史的捕獲作戦を実現へと導いた陰のヒーローがいた。その男の名はフリッツ・バウアー検事長。歴史上極めて重要なこの人物は、いかにして消息不明のアイヒマンを発見し、追いつめていったのか―。彼の死後長らく封印されていた事実が半世紀を経て初めて明らかにされる。正義と信念を貫いた孤高の検事の物語、そして<極秘作戦>の裏側を濃密かつサスペンスフルなタッチで描く。

<2017年>1月公開予定
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://eichmann-vs-bauer.com/