■エル ELLE (2016/フランス/131分)

第89回 アカデミー賞 主演女優賞ノミネート
第74回 ゴールデン・グローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)/外国語映画賞 W受賞
第42回 セザール賞(仏アカデミー賞) 作品賞/主演女優賞 W受賞


監督/ポール・ヴァーホーヴェン(『氷の微笑』)
出演/イザベル・ユペール、ロラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング ほか

新鋭ゲーム会社の社長を務めるミシェルは、一人暮らしの瀟洒な自宅で覆面の男に襲われる。その後も、自分の生活リズムを把握しているかのような犯行が続き、周囲を怪しむミシェル。元夫、恋人、部下、隣人…全てが疑わしい。ミシェルは自ら犯人を探し始めるが、次第に明かされていくのは事件の真相よりも恐ろしい彼女の本性だった―。カンヌ騒然、衝撃、絶賛!アブノーマルな才能がぶつかり合い、世界初の気品あふれる変態ムービーにして異色のサスペンスが誕生!<PG12>

8/25(土)⇒10/27(金)
前売1500円[8/24(木)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://gaga.ne.jp/elle/

■パターソン (2016/アメリカ/英語/118分)

第69回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門出品作品
第69回 カンヌ国際映画祭 パルム・ドッグ賞 受賞!


監督・脚本/ジム・ジャームッシュ
出演/アダム・ドライバー、ゴルシテフ・ファラハニ、永瀬正敏 ほか

自分らしい生き方をつかむ手がかりは日々の生活にある—。飄々とした佇まい、ふっとしたユーモア、こんなジャームッシュ、最高です。まるで初期作を思わせるような語り口の4年ぶりの最新作は、パターソンという街に暮らすバスの運転手で詩人のパターソンと妻と愛犬の日々が優しいまなざしで綴られる、美しさに溢れた物語。永瀬正敏が『ミステリー・トレイン』から27年、前作を彷彿とさせる役柄で印象的に登場している。



9/16(土)⇒10/27(金)

★【初日プレゼント!】9/16(土)初日、先着でパターソンの大好きな“マッチ箱”プレゼント!(映画を有料でご覧の方のみ)

前売1500円[9/15(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
★公開記念 第1弾 【パターソンのパターソンさん割引!】 

パターソンという街に暮らすバスの運転手パターソンの日々を描いた、映画『パターソン』の公開を記念して、“地下鉄の駅名と同じ名前の方”は証明証(お名前がわかるもの)ご提示で¥1000!
例)麻生駅の麻生さん、白石駅の白石さん


★公開記念 第2弾 【キャラクター人気投票&予想ベスト1】 

映画『パターソン』に登場するキャラクターベスト3を選んで投票してください。ベスト1予想が見事当たった方には抽選で『パターソン』ポスターとキノの招待券をセットで10名様にプレゼント!

*映画をご覧の時に投票用紙をお渡しします。 締切:10/1(日) / 発表:10/5(木)

>>詳細
http://paterson-movie.com/

■ジュリーと恋と靴工場 (2016/フランス/フランス語/84分)

監督・脚本/ポール・カロリ、コスティア・テステュ
出演/ポーリーヌ・エチエンヌ、オリビエ・シャントロー、フランソワ・モレル

25歳、職なし、金なし、彼氏なしのジュリーは、フランス、ロマンにある靴工場での仕事にやっと就く。しかし、そこは近代化の煽りを受けて工場閉鎖の寸前だった!ジュリーと女性靴職人たちは、“戦う女”と名付けられた“赤い靴”を復活させ、この危機を乗り越えようとするが…!?キュートな丸い瞳のヒロインをポーリーヌ・エチエンヌが等身大で好演。心躍るフレンチ・コメディ・ミュージカルをお楽しみに!がんばれ、ジュリー!

9/23(土)⇒10/20(金)
前売1400円[9/22(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://julie-kutsu.com/

■ 甘き人生 (2016/イタリア・フランス/イタリア語/130分)

第69回 カンヌ国際映画祭 「監督週間」オープニング作品

監督/マルコ・ベロッキオ(『愛の勝利を
ムッソリーニを愛した女』『眠れる美女』)
出演/ヴァレリオ・マスタンドレア、ベレニス・ベジョ、エマニュエル・ドゥヴォス ほか

1969年、トリノ。9歳のマッシモの前から、ある日突然母親がいなくなった。彼はその不可解な事件を受けいれられず、喪失感に苛まれる。時が経ち90年代、ローマ。マッシモはジャーナリストとして成功を収めるも、過去の傷を癒せず、夢の中を生きているような生活を送っていた。しかし、エリーザとの出会いによって長い夢から目覚め…。希望に溢れた高度成長期の60年代と先行き不透明な90年代、古都トリノとローマを彷徨う男を通して、戦後イタリアの光と闇を描く、イタリア映画史に残る本格的な傑作が誕生。



9/30(土)⇒10/20(金)
前売1500円[9/29(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.amakijinsei.ayapro.ne.jp/

■きっと、いい日が待っている (2016/デンマーク/デンマーク語/119分)

デンマーク・アカデミー賞 6部門受賞!(作品賞、オリジナル脚本賞、助演男優賞ほか) 

監督/イェスパ・W・ネルスン
出演/ラース・ミケルセン、ソフィー・グローベル、ハーラル・カイサー・ヘアマン ほか

1967年デンマーク、コペンハーゲン。労働者階級家庭の兄弟、13歳のエリックと10歳のエルマーは、病気の母と引き離され、児童養護施設に預けられるが、そこでは、しつけという名のもとの体罰が横行していた。エリックたちは慣れない環境に馴染めず、イジメの標的になってしまう。ある日、エリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが―。大人が作り上げた基準の閉ざされた社会で生きることの困難さ、それでも未来を夢見て立ち向かった感動の実話。<PG12>


10/7(土)⇒10/20(金)ロードショー
前売1500円[10/6(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.kittoiihigamatteiru.ayapro.ne.jp/

■パッション・フラメンコ (2016/スペイン/スペイン語/95分)

監督/ラファ・モレス、ペペ・アンドレウ
出演/サラ・バラス、ティム・リース

現代フラメンコ界最高峰のダンサー、サラ・バラス。本作ではパコ・デ・ルシアら6人の巨匠たちに捧げた「ボセス フラメンコ組曲」初演までの3週間と、世界ツアーに密着。過酷な人生を歩んだフリーダ・カーロに自らを重ねる女性ならではの苦労、喜びも苛立ちも悲しみも、すべてをフラメンコに昇華させるサラの情熱の“声”。リスクは冒すもの、ルールは破るもの。革新的な舞台に挑戦してきた女王として、幼き子の母として、踊り続ける彼女の果てなき挑戦を映し出した、情熱のドキュメンタリー!


10/7(土)⇒11/3(金)
前売1500円[10/6(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://passion-flamenco.net/

■静かなる情熱 エミリ・ディキンスン(2016/イギリス・ベルギー/英語/125分)

2016年 ゲント国際映画祭 グランプリ受賞作品
2016年 ベルリン国際映画祭 オフィシャル・セレクション
2016年 トロント国際映画祭 オフィシャル・セレクション


監督/テレンス・デイヴィス
出演/シンシア・ニクソン、ジェニファー・イール、キース・キャラダイン

1886年、北米マサチューセッツ州の小さな町で、ラヴィニア・ディキンスンは清書されて46束にまとめられた詩稿を発見した。それらは亡くなった姉エミリのものだった—。自然や信仰、愛や死をテーマにした約1800篇の詩を遺し、無名のまま他界した19世紀の詩人エミリ・ディキンスン。後世はサイモン&ガーファンクル、ターシャ・テューダーなど多くの芸術家に影響を与えてきた。“アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられるエミリ・ディキンスンの知られざる半生を追った伝記ドラマ。


10/7(土)⇒10/27(金)
前売1500円[10/6(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.dickinson-film.jp/

■ダイ・ビューティフル (2016/フィリピン/120分)

第29回 東京国際映画祭 主演男優賞 / 観客賞 W受賞 

監督・プロデューサー・原案/ジョン・ロブレス・ラナ
出演/パオロ・バレステロス、クリスチャン・バブレス、グラディス・レイエス ほか

トリシャ・エチュバリアが急死した。家族から絶縁され、身寄りのない娘を育て上げ、ついにミスコン女王に輝いた末の突然の死だった。そんな彼女の遺言は、葬儀までの七日間、日替わりセレブメイクをされて旅立つこと。ビヨンセ、ケイティ・ペリー、レディ・ガガ…。しかし、家族は男の姿に戻して葬儀に出すと言って聞かない。そこで彼女の仲間たちは、願いを叶えるためトリシャの遺体を盗み出し…。さいごまで誇り高く生き抜いたトランスジェンダーの、波乱に満ちた一生を笑いと涙で描いた拍手喝采の感動作。


10/14(土)⇒10/20(金) ロードショー(1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
https://www.cocomaru.net/diebeautiful

■セザンヌと過ごした時間 (2016/フランス/フランス語/114分)

2016年 ゲント国際映画祭 グランプリ受賞作品
2016年 ベルリン国際映画祭 オフィシャル・セレクション
2016年 トロント国際映画祭 オフィシャル・セレクション


監督・脚本/ダニエル・トンプソン
出演/ギョーム・カネ、ギョーム・ガリエンヌ、デボラ・フランソワ、サビーヌ・アゼマ ほか

少年時代に出会ったセザンヌとゾラの絆は、境遇は違うが芸術家になる夢で結ばれていた。やがてゾラは、作家として成功するが、セザンヌは父親からの仕送りも断たれ転落していく。そして、ゾラはある画家を主人公にした新作小説を発表するが…。ピカソに「我々の父」、マティスに「絵の神様」と崇拝された画家ポール・セザンヌ。しかし彼が不動の評価を得たのは亡くなってからの事。“不遇の天才”セザンヌと小説家エミール・ゾラの、40年にわたる激しくも美しい友情の実話。


10/14(土)よりロードショー
★『セザンヌと過ごした時間』公開記念 初日トーク! 

日 時:10/14(土) 13:15~(終15:25/予告なし)
ゲスト:佐藤幸宏さん

上映後、北海道立近代美術館・学芸副館長の佐藤幸宏さんによるセザンヌにまつわるトークを行ないます。>>詳細

★初日10/14(土)抽選で、大好評“セザンヌのクリアファイル”をプレゼント!
(映画を有料でご覧の方に限ります)

前売1500円 [10/13(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://www.cetera.co.jp/cezanne/

■ハートストーン (2016/アイスランド・デンマーク/アイスランド語/129分)

第73回 ベネチア国際映画祭 クィア獅子賞(最優秀LGBT映画)受賞
第19回EDDA賞(アイスランド・アカデミー賞)作品賞、監督賞、脚本賞ほか 9部門受賞


監督/グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン
出演/バルドル・エイナルソン、ブラーイル・ヒンリクソン

北欧アイスランドの雄大で美しい自然が広がる漁村。ソールとクリスティアンは幼なじみで何をするのも一緒の大親友。思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータに夢中になる。一方、クリスティアンはそんなソールの気持ちを知り上手くいくよう後押しするものの、内に秘めた親友への特別な感情に気づき当惑する—。多感な少年たちの心の機微を見事に描いた自伝的ラブストーリー。<PG12>

10/14(土)⇒10/20(金)ロードショー(1日1回上映)
前売1400円[10/13(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“おまもり”プレゼント!(先着限定)
http://www.magichour.co.jp/heartstone/

■<特集上映>ドゥミとヴァルダ 幸福についての5つの物語 そして、ジャンヌ・ モロー哀悼

『シェルブールの雨傘』等、まるで魔法のような作品の数々を残し、1990年59歳でこの世を去ったジャック・ドゥミ。女性映画監督の第一人者として、89歳を迎える現在も旺盛な活動を続けるアニエス・ヴァルダ。1962年の結婚以来、夫婦として、そして映画監督同士、支え合い、刺激しあってきた伝説的なふたりの作品がデジタル・リマスターでスクリーンに甦る。そして今回、2017年7月31日に89歳で亡くなったヌーヴェルヴァーグのミューズ、ジャンヌ・モローに哀悼の意を表し『死刑台のエレベーター』を上映。

10/14(土)⇒10/20(金)ロードショー >>詳細
★10/14(土)初日、オリジナルポストカードをプレゼント!(先着限定/有料でご覧の方) >>詳細
●(1作品)当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
●当日2回券2400円
<10/14(土)⇒16(月)>
『天使の入江』※劇場正式初公開
(1963/フランス/85分)
監督・脚本/ジャック・ドゥミ
出演/ジャンヌ・モロー
<10/17(火)>
『ローラ』
(1961/フランス/88分)
監督・脚本/ジャック・ドゥミ
出演/アヌーク・エーメ
<10/18(水)>
『5時から7時までのクレオ』
(1961/フランス=イタリア/90分)
監督・脚本/アニエス・ヴァルダ
出演/コリーヌ・マルシャン
<10/19(木)>
『幸福(しあわせ)』+ショートフィルムプロジェクト『女性たちの物語』
(1964/フランス/80分)
監督・脚本/アニエス・ヴァルダ
出演/ジャン・クロード・ドルオー、クレール・ドルオー
※同時上映『女性たちの物語』(2015年/11分)
監督・脚本/アニエス・ヴァルダ
<10/20(金)>
『死刑台のエレベーター』
(1958/フランス/92分)
監督/ルイ・マル
出演/ジャンヌ・モロー
http://www.zaziefilms.com/demy-varda/

■米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー (2017/日本107分)

監督/佐古忠彦
語り/山根基世、大杉漣

第二次大戦後、アメリカ占領下の沖縄で唯一人“弾圧”を恐れず米軍にNOと叫んだ男、瀬長亀次郎。なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった—。民衆の前に立ち、演説会を開けば毎回何万人も集め、人々を熱狂させる彼を米軍は恐れ、様々な策略を巡らすが、民衆に支えられて那覇市長、国会議員と立場を変えながら闘い続けた。本作では、彼のその知られざる実像と、信念を貫いた抵抗の人生を浮き彫りにしていく。

10/21(土)よりロードショー(1日1回上映)
前売1500円[10/20(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★10/21(土)初日、佐古忠彦監督来館決定!

日 時:10/21(土) 10/21(土) 13:10~ / 15:20~ ※各回予告2分
ゲスト:佐古忠彦監督のご挨拶がございます
料 金:通常料金ですが、招待券・パス券などはご利用いただけません。
>>詳細       


★9/11(月)先行特別上映&ゲストトーク決定!佐古監督来札! 


日 時:9/11(月) 18:45〜(終了予定21:00/上映後トーク)
ゲスト:佐古忠彦監督、外岡秀俊さん
料金:入場整理番号付前売1500円[当日1800円]、KINO会員証ご提示で前売1300円[当日1500円]

「筑紫哲也NEWS23」でキャスターを務めていた佐古さんの初監督作品です。チケットは、シアターキノにて発売中!
※お席分のチケットが売り切れましたら当日券の発売はありません。 >>詳細
http://www.kamejiro.ayapro.ne.jp/#header1

■ リングサイド・ストーリー (2017/日本/104分)

監督/武正晴(『百円の恋』)
出演/佐藤江梨子、瑛太、有薗芳記、田中要次、前野朋哉、余貴美子 ほか

武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1」の裏方として働くカナコ。同棲10年目の彼は、ヒモ同然の売れない役者・ヒデオ。相変わらずオーディションに落ち続けるヒデオは、仕事で自分を構わない彼女を浮気していると勘違いし、とんでもない事件を起こしてしまう。ヒデオは事件のケリをつけるため、K-1チャンピオンとの一騎打ちを命じられるが…?『百円の恋』のスタッフが再集結!「夢」だけがデカイ典型的なダメ男と彼を支える健気な女が繰り広げるファイト・ラブコメディ!


10/21(土)よりロードショー
★『リングサイド・ストーリー』公開記念!ゲストトーク決定! 

日 時:10/25(水) 18:50〜 ※予告なし
会 場:シアターキノにて
ゲスト:横幕智裕さん(脚本家/北海道出身)
※通常料金ですが、招待券・パス券などは使えません。

「リングサイドストーリー」の脚本をお書きになった横幕さんに、
今回の脚本のポイントや、苦労されたことなどをお話いただきます。>>詳細 
前売1500円[10/20(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルステッカー”プレゼント!(先着限定)
http://ringside.jp/

■ナインイレヴン 運命を分けた日 (2017/アメリカ/英語90分)

監督/マルティン・ギギ
出演/チャーリー・シーン、ジーナ・ガーション、ルイス・ガスマン、ウーピー・
ゴールドバーグ

2001年9月11日、NY。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然居合わせた実業家のジェフリーたち5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。恐怖と闘いながら助かる方法を探す彼らが、極限状態で下した決断は…。ニューヨーク出身のチャーリー・シーンはじめ、NYを愛するスタッフ・キャストが、実話を基に9.11をビル内部の視点から描いた衝撃のヒューマン・ドラマ。


10/21(土)⇒11/3(金)ロードショー (1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://nineeleven.jp/

■<特集上映> ハート アンド ハーツ コリアン・フィルムウィーク

極めて硬派なテーマが特徴の一つである韓国映画。社会問題をテーマにしながらもヒューマンな眼差しを忘れることなく、しっかりとしたエンターテイメントに仕上げる作り手たちの映画は、我々にいつも新鮮な驚きと深い感動を与えてくれます。今回の特集上映では、人と人をつなぎ、心と心をつなぐ、強いメッセージをもった作品をセレクト。どの映画も複雑な社会問題を含んだ硬派な題材を、人間味豊かなアプローチで素晴らしい映画に昇華させています。傑作揃いのラインナップを存分にお楽しみください。

10/21(土)⇒10/27(金)ロードショー >>詳細
●『あの人に逢えるまで』 当日料金/1000円
●『空と風と星の詩人』『春の夢』『バッカス・レディ』当日料金1800円/学生1400円/シニア・高校生以下1000円
●当日2回券2400円
<10/21(土)⇒27(金)>
『あの人に逢えるまで』
(2014/韓国/28分)
監督/カン・ジェギュ
出演/ムン・チェウォン、コ・ス
<10/21(土)⇒23(月)>
『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』
(2015/韓国/101分)
監督/イ・ジェニク
出演/カン・ハヌル、パク・チョンミン
<10/24(火)・25(水)>
『春の夢』
(2015/韓国/101分)
監督/チャン・リュル
出演/ハン・イェリ、ヤン・イクチュン ほか
<10/26(木)・27(金)>
『バッカス・レディ』
(2016/韓国/111分)
監督/イ・ジェヨン
出演/ユン・ヨジョン、ユン・ゲサン
http://koreanfilmweek.com/

■彼女がその名を知らない鳥たち (2017/日本/123分)

監督/白石和彌(『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』)
原作/沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)
出演/蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、村川絵梨、赤堀雅秋、竹野内豊

15歳年上の男・陣治と暮らしながらも、8年前に別れた男・黒崎のことが忘れられずにいる女・十和子。ある日、十和子が出会ったのは、どこか黒崎の面影がある妻子持ちの男・水島。水島との情事に溺れる十和子だったが、ある日刑事から黒崎が行方不明だと告げられる。十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっていると疑いはじめるが…。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が、沼田まほかるの傑作ミステリーを映画化。最低な女と男が辿り着く、予想を超えた“究極の愛”とは—?<R15+>

10/28(土)よりロードショー
★『彼女がその名を知らない鳥たち』先行特別上映決定!白石和彌監督ご挨拶!  

日 時:10/5(木) 18:55〜(終了予定21:10/上映後トーク)
会 場:シアターキノにて
ゲスト:白石和彌監督
料 金:入場整理番号付前売1500円[当日1800円]、KINO会員証ご提示で前売1300円
[当日1500円]

チケットはシアターキノにて発売中!
※お席分のチケットが売り切れた場合は当日券の発売はございません。あらかじめご了承ください。>>詳細
前売1400円[10/27(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルステッカー”プレゼント!(先着限定)
http://kanotori.com/

■リュミエール! (2016/フランス/フランス語/90分)

2016年 トロント国際映画祭正式出品作品
第30回 東京国際映画祭特別上映作品


監督・脚本・編集・プロデューサー・ナレーション/ティエリー・フレモー(カンヌ国際映画祭総代表)
日本語ナレーション/立川志らく

122年前、“映画の父”リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフ。本作は、1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟により製作された1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分。リュミエール兄弟が世界で初めて上映した映画の撮影秘話、そして今も変わらない生き生きとした人々の姿、人間賛歌にあふれる映画の原点がここに。

【字幕版】10/28(土)⇒11/10(金)ロードショー
【日本語ナレーション版】11/18(土)⇒12/1(金)ロードショー
前売1400円[10/27(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://gaga.ne.jp/lumiere!/

■素敵な遺産相続 (2016/アメリカ/英語/92分)

監督/アンディ・テナント(『メラニーは行く!』)
出演/シャーリー・マクレーン、ジェシカ・ラング、デミ・ムーア、ビリー・コノリー

夫を亡くしたエヴァは、保険会社のミスで多額な保険金を手にし、親友と一緒にゴージャスなリゾートの旅に出掛ける。そこで新たな恋に落ちるが、詐欺師やマフィアに絡まれてしまい…。シャーリー・マクレーン、ジェシカ・ラング、デミ・ムーア共演!“素敵な”遺産が、悲しみよりも笑顔をくれる人生賛歌コメディ。恋愛もお洒落もまだまだこれから!



10/28(土)⇒11/3(金)ロードショー(1日1回上映)
http://www.finefilms.co.jp/isan/

■婚約者の友人 (2016/フランス・ドイツ/仏語・独語/113分)

第73回 ヴェネツィア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞受賞       
第42回 セザール賞 11部門ノミネート・撮影賞受賞


監督/フランソワ・オゾン(『8人の女たち』『スイミング・プール』)
出演/ピエール・ニネ、パウラ・ベーア

1919年、戦争の傷跡に苦しむドイツ。婚約者のフランツをフランスとの戦いで亡くし たアンナも、悲しみの日々を送っていた。ある日、アンナが墓参りに行くと、見知らぬ男が花を手向けて泣いている。戦前にパリでフランツと知り合ったと語る男の名はアドリアン。やがて、アンナがアドリアンに“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、アドリアンが自らの“正体”を告白する—。フランソワ・オゾン監督最新作は、モノクロとカラーの映像美が仕掛ける、頭脳と心を揺さぶる極上のミステリー。

11/4(土)よりロードショー
前売1500円[11/3(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.frantz-movie.com/

■あさがくるまえに (2016/フランス=ベルギー/104分)

ヴェネツィア国際映画祭 オリゾンティ部門正式上映作品
トロント国際映画祭オフィシャルセレクション


監督・脚本/カテル・キレヴェレ
出演/タハール・ラヒム(『ダゲレオタイプの女』)、エマニュエル・セニエ(『毛皮の
ヴィーナス』)、アンヌ・ドルヴァル(『Mommy/マミー』)

ル・アーブル、夜明け前。ガールフレンドがまだまどろみの中にいるベッドを抜け出し、サーフィンに出かけたシモンは、帰路で交通事故に巻きこまれてしまう。一方パリ。音楽家クレールの心臓は末期的症状だった。しかし、心臓移植をしてまで、若くない自分が延命することの意味を自問自答している。そんな時、担当医からドナーが見つかったとの連絡が入る…。監督は、デミアン・チャゼルやグザヴィエ・ドランなどミレニアム世代監督のひとりとして注目される、フランスの気鋭カテル・キレヴェレ。

11/4(土)⇒17(金)ロードショー (1日1回上映)
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
https://www.reallylikefilms.com/asakuru

■変態アニメーションナイト2017

あなたの心に突き刺さり、身体の奥底も震わせる、一生忘れられないくらいのインパクトを残す変態的な短編作品を集めた夢の饗宴『変態アニメーションナイト』。今回の変態は陽気!でもニコニコしてるやつが一番こわい。軽快なリズムに乗って、気づけば変態史上最大の作品数で贈る世界最「狂」の100分。世界中から集ったとにかく「ヘンな」アニメーションを楽しもう!

11/6(月) 1回限りの特別上映
★土居伸彰さん(アニメーション研究・評論)による解説トーク&ゲストも予定しています。
入場整理番号付前売1500円[当日1800円]
KINO会員証ご提示で1000円
チケットはシアターキノにて9/23(土)より発売開始! 
※お席分のチケットが売り切れましたら当日券の発売はありません。あらかじめご了承ください。
http://newdeer.net/hentai2017/

■ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー (2015/アメリカ/英語/94分)

第68回 カンヌ国際映画祭 クラシック部門 正式出品/ゴールデン・アイ賞ノミネート
2015年 アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ 生涯貢献賞 夫婦W受賞


監督・脚本/ダニエル・レイム
出演/ハロルド&リリアン・マイケルソン、フランシス・フォード・コッポラ、アルフレッド・ヒッチコック ほか



【KINOフライデー・シネマ vol.23】 11/10(金)1回限りの特別上映

当日料金1800円、学生1400円、KINO会員・シニア・高校生以下1000円
※特別上映作品のため、招待券・パス券などはご利用いただけません。あらかじめご了承下さい。
http://www.harold-lillian.com/

■50年後のボクたちは (2016/ドイツ/93分)

2017年 ヨーロピアン・フィルム・アカデミー ヤング観客賞          
2017年 バイエルン映画賞 ヤング映画賞


監督・共同脚本/ファティ・アキン(『愛より強く』『ソウル・キッチン』)
原作/ヴォルフガング・ヘルンドルフ(「14歳、ぼくらの疾走」)
出演/トリスタン・ゲーベル、アナンド・バトビレグ・チョローンバータル、メルセデス・ミュラー

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人扱い、しかも母親はアル中で、父親は浮気中。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやってくる。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車に乗って南へと走り出す—。『ソウル・キッチン』の名匠ファティ・アキンが大ベストセラー小説を映画化。かつて「14歳」だったすべての大人たちへ贈る、疾走感と切なさがつまったロードムービー!<PG12>



11/11(土)よりロードショー
前売1500円[11/10(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ハリボーグミ”プレゼント!(先着限定)
http://www.bitters.co.jp/50nengo/

■Ryuichi Sakamoto:CODA (2017/アメリカ・日本/102分)

第74回 ヴェネツィア国際映画祭 アウト・オブ・コンペティション部門公式出品  

監督/スティーブン・ノムラ・シブル
出演/坂本龍一

坂本龍一初の劇場版長編ドキュメンタリー。2012年から5年間という長期間に渡る密着取材を実現した本作は、8年ぶりのオリジナルアルバム「async」の制作過程や、2014年の闘病生活がカメラに収められ、90年代から社会問題・環境問題へ意識を向けるようになったことによる坂本の音楽表現の変化もインタビューと共に綴られる。過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅。

11/11(土)よりロードショー
★11/3(金・祝)『Ryuichi Sakamoto:CODA』先行プレミア上映決定! 

上 映:『Ryuichi Sakamoto: CODA』と『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK :
async』2本続けて上映します(途中休憩はございません)
日 時:11/3(金・祝) 19:00(終了予定22:00)
会 場:シアターキノ
料 金:一律5000円[税込]

※チケットは、チケットぴあにて販売いたします。Pコード:557-680
※特別興行につき、前売券・各種割引・招待券など各種鑑賞券はご使用いただけません。
※全席自由席のため、チケットに記載の入場整理番号順でご入場となります。
※お席分のチケットが売り切れましたら当日券の発売はありません。
>>詳細
前売1400円[11/10(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://ryuichisakamoto-coda.com/

■グザヴィエ・ドラン Bound To Impossible (2017年/フランス/52分)

監督/ブノワ・プショー
出演/グザヴィエ・ドラン、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイ、アンヌ・ドルヴァル ほか

カナダ出身の若き才能として世界の映画界から注目される、監督で俳優のグザヴィエ・ドランに迫ったドキュメンタリー。2009年に弱冠19歳で監督・脚本を手がけたデビュー作「マイ・マザー」から、最新作「たかが世界の終わり」まで、映画作りへの思いやこだわり、これまで手がけた作品の名シーンの誕生秘話などをドラン本人が語る。


11/11(土)⇒11/17(金)ロードショー(1日1回上映)

■RE:BORN (2017/日本/106分)

監督/下村勇二
出演/TAK∴(坂口拓)、近藤結良、斎藤工、篠田麻里子、いしだ壱成、大塚明夫 ほか

かつて最強の特殊傭兵部隊に属しながら、自らの手で部隊を壊滅させた過去を持つ敏郎。いまは田舎町でひっそりと暮らしているが、ある日、不可解な殺人事件が起きる。それはファントムと呼ばれる謎の男からの、敏郎に対する警告だった…。『GANTZ』『図書館戦争』シリーズの下村勇二アクション監督が、『HiGH&LOW THE RED RAIN』で新時代の戦闘術「ゼロレンジ・コンバット」を採用したアクションを手掛けたTAK∴こと坂口拓を主演に迎え創り上げた、リアル近接格闘アクション映画!<PG12>


11/11(土)⇒11/17(金)レイトショー
当日料金1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://udenflameworks.com/reborn/

■愛を綴る女 (2016/フランス/フランス語/120分)

第69回 カンヌ国際映画祭 コンペティション部門正式出品作品
第42回 セザール賞 作品賞、主演女優賞ほか8部門ノミネート


監督/ニコール・ガルシア
出演/マリオン・コティヤール、ルイ・ガレル、アレックス・ブレンデミュール

1950年代、南仏プロヴァンス地方の小さな村に暮らすガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、不本意ながら親の決めた相手の妻となる。あるとき、治療のため訪れたアルプス山麓の療養所で、ガブリエルは帰還兵アンドレ・ソバージュと運命的な出逢いを果たす。それは、彼女が綴る清冽な愛の物語の始まりとなるのだった—。ミレーネ・アグスのベストセラー小説「祖母の手帖」を映画化した衝撃的なラブスト ーリー。波乱に満ちた17年の歳月の果てに知る真実の愛とは。<R15+>


11/18(土)よりロードショー
前売1500円[11/17(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://aiotsuzuru.com/

■夜間もやってる保育園 (2017/日本/111分)

監督/大宮浩一
出演/エイビイシイ保育園、玉の子夜間保育園、すいせい保育所のみなさん ほか

少子化が進むいっぽうで大きな社会問題になっている待機児童。国と自治体にとって喫緊の課題ですが、認可夜間保育園の数は全国で約80。夜間に子どもを預けてまで働く親と夜間保育園への偏見や批判も多くあります。だからいま、いっしょに考えてみませんか?子供達が安心して夜「も」過ごせる保育園、それは制度や数字では見えない豊かな現実です。


11/18(土)よりロードショー(1日1回上映)
前売1300円[11/17(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“ハーブティー”プレゼント!(先着限定)
http://yakanhoiku-movie.com/

■人生フルーツ (2016/日本/91分)

監督/伏原健之
プロデューサー/阿武野勝彦
ナレーション/樹木希林

東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾は、建築家夫婦の物語。愛知県春日井市の高蔵寺ニュータウン、雑木林に囲まれた一軒の平屋に暮らす、建築家の津端修一さんと、妻・英子さん。自分たちで70種の野菜と50種の果実を育て、自給自足に近い生活を営むふたりの暮らしは、細やかな気遣いと工夫に満ちていました。「家は、暮らしの宝石箱でなくてはいけない」(ル・コルビュジエ)。ふたりの来し方と暮らしから、この国がある時代に諦めてしまった本当の豊かさへの深い思索の旅がはじまります—。

【第5回】11月20日(月) ※上映時間は11/14(火)決まります

★伏原健之さん(『人生フルーツ』監督)

★月に1回、今月の『人生フルーツ』がはじまります。


先日最終日を迎えた『人生フルーツ』は皆さまからの熱いアンコールの声をいただき
まして、毎月1回だけの限定上映が決まりました。
『人生フルーツ』これからも、どうぞよろしくお願いいたします。>>詳細

当日料金1000円 
※特別上映のため、招待券・パス券などはご利用いただけません。あらかじめご了承下さい。
http://life-is-fruity.com/

■ギフテッド (2017/アメリカ/102分)

監督/マーク・ウェブ(『(500)日のサマー』)
出演/クリス・エヴァンス、マッケナ・グレイス、リンゼイ・ダンカン ほか

生まれて間もなく母を亡くし、叔父フランクに育てられた7歳のメアリー。ある日、学校でメアリーの天才的な数学の才能(ギフテッド)がわかると、楽しい毎日が一変!フランクはメアリーの英才教育を頑なに拒むが、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、才能を開花させるため彼からメアリーを奪おうとする。しかしフランクには、メアリーの母である亡き姉から託された“ある秘密”があった—。『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が贈る、チャーミングでハートフルな感動作。


11/23(木)よりロードショー
前売1500円[11/22(水)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://www.foxmovies-jp.com/gifted/

■禅と骨 (2016/日本/127分)

監督・構成/中村高寛
ナレーション/仲村トオル
ドラマパート出演/ウエンツ瑛士、余貴美子、利重剛、永瀬正敏 ほか

大ヒット作『ヨコハマメリー』の中村高寛監督の、実に11年ぶりとなる長編ドキュメンタリー。京都の禅僧、日系人のヘンリ・ミトワは、日本文化をこよなく愛し、茶道・陶芸・文筆にも優れた才能があった。しかし、80歳を目前に突如「“赤い靴”をモチーフにした映画を作りたい!」と思いたち、家族や周辺の人々を巻き込んでいく…。昭和を生きた、複雑で、胡散臭くて、滑稽で、愛おしい、ひとりの男の波乱に満ちた人生に迫った異色作。




11/25(土)⇒12/1(金)ロードショー(1日1回上映)
http://www.transformer.co.jp/m/zenandbones/

■南瓜とマヨネーズ (2017/日本/93分 )

監督・脚本/冨永昌敬
原作/魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」(祥伝社フィールコミックス)
出演/臼田あさ美、太賀、オダギリジョー ほか

ライブハウスで働くツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人せいいち(太賀)がミュージシャンになる夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働きながら生活を支えていた。一方、スランプに陥ったせいいちは、仕事もせずに毎日をダラダラと過ごしている。ある日、ツチダの前に今でも忘れられない過去の恋人ハギオ(オダギリジョー)が現れたことで、ツチダは2つの恋に揺れていく…。脆くこわれやすい日常が、当たり前に続いていくことの大切さ―。いつだって、ありふれた平凡をなくさないことは奇跡だ。

12/2(土)よりロードショー
前売1500円[12/1(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://kabomayo.com/

■ル・コルビュジエとアイリーン 追憶のヴィラ 
(2015/ベルギー・アイルランド/ フランス語・英語/108分)

監督・脚本/メアリー・マクガキアン
出演/オーラ・ブラディ、ヴァンサン・ペレーズ、ドミニク・ピノン、アラニス・モリセット

1920年代、のちの近代建築の巨匠ル・コルビュジエは、気鋭の家具デザイナーとして活躍していたアイリーン・グレイに出会う。彼女は恋人の建築家兼、評論家ジャン・バドヴィッチとコンビを組み、建築デビュー作である海辺のヴィラ<E.1027>を手掛けていた。当初はアイリーンに惹かれ、完成したその家を絶賛していたル・コルビュジエだが、賞賛の想いは次第に嫉妬へと変化していく…。長らく建築史から覆い隠されてきた「壁画事件」。幻の邸宅が辿った数奇な運命とは―。

12/2(土)よりロードショー
前売1500円[12/1(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルポストカード”プレゼント!(先着限定)
http://www.transformer.co.jp/m/lecorbusier.eileen/

■笑う故郷 (2016/アルゼンチン・スペイン/スペイン語/117分)

監督・撮影/ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン
出演/オスカル・マルティネス、ダディ・ブリエバ

12/2(土)よりロードショー
http://www.waraukokyo.com/

■わたしたち (2015/韓国/94分)

第66回 ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門招待
第17回 東京フィルメックス フィルマークス賞 スペシャル・メンション受賞


監督・脚本/ユン・ガウン
出演/チェ・スイン、ソル・ヘイン、イ・ソヨン、カン・ミンジュン、チャン・ヘジン

12/2(土)よりロードショー
http://www.watashitachi-movie.com/

■新世紀、パリ・オペラ座 (2017/フランス/111分))

2017年 モスクワ国際映画祭 ドキュメンタリー映画賞受賞

監督/ジャン=ステファヌ・ブロン
出演/ステファン・リスナー、バンジャマン・ミルピエ、オレリー・デュポン、フィ
リップ・ジョルダン ほか

12/9(土)ロードショー
前売1500円[12/8(金)までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルミニ・クリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://gaga.ne.jp/parisopera/

■ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~(2017/アメリカ/127分)

監督/ニキ・カーロ
出演/ジェシカ・チャステイン、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハット
ン、ダニエル・ブリュール

1939年、ポーランド・ワルシャワ。アントニーナは、夫のヤンと当時ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。その年の秋、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。戦火が広がり、ポーランドでも多くのユダヤ人が犠牲となる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案がされる—。自らの命の危険を冒しながら、ユダヤ人300人を動物園に匿い、その命を救った勇気ある女性の感動の実話。

12月ロードショー
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
http://zookeepers-wife.jp/

■否定と肯定 (2016/イギリス・アメリカ/英語/110分)

監督/ミック・ジャクソン(『ボディガード』)
出演/レイチェル・ワイズ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・スポール

近日公開
http://hitei-koutei.com/

■ダンシング・ベートーヴェン (2016/スイス、スペイン/フランス語、英語、日本語、スペイン語、ロシア語/83分)

振付/モーリス・ベジャール
監督/アランチャ・アギーレ
出演/マリヤ・ロマン、ジル・ロマン、モーリス・ベジャール・バレエ団、東京バレエ団 ほか

近日公開
前売1500円[公開初日前日までの発売]
当日一般1800円、学生1400円、シニア・高校生以下1000円
★劇場にて前売券をお求めの方に“オリジナルクリアファイル”プレゼント!(先着限定)
http://www.synca.jp/db/